• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“世界のオザワ”が復帰

70歳にして武者修行と実験にこだわる

  • 山尾 敦史

バックナンバー

2006年7月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界的な指揮者である小澤征爾氏が今年1月からの療養生活から復帰し、20日から4都市で行われる「小澤征爾音楽塾」で、久しぶりに日本での指揮姿を披露する。昨年9月に70歳を迎えた小澤氏。アートの世界においては年を取るということが「芸に深みが出る」ということにつながり、周囲もそれを楽しみにしているというのが現状だ。

 ピアニストやバイオリニストなどであれば、アスリートと同様、肉体的な衰えを理由に一線を退くこともあるが、腕と眼のパワーでも勝負できてしまう指揮者の場合は、それに当てはまらないというのが音楽界の見解である。中田英寿やジネディール・ジダンのようなサッカー選手の引退が話題となっている中、全く違った世界の仕事でありながらも、70歳での復活というのは対照的だ。

カリスマ指揮者がこだわる現役生活

 小澤氏といえば、欧米にデビューして50年を迎えようとしている真のマエストロ(巨匠)であり、現在は音楽界の頂点と言えるウィーン国立歌劇場の音楽監督というポストにあるトップ指揮者だ。国内でも長野県松本市で行われている「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」や、石原慎太郎都知事らの肝いりでスタートした「東京のオペラの森」などで音楽監督を務め、カリスマ的な存在となっている。

 2002年1月に発売された「ウィーン・フィルニューイヤー・コンサート」のライヴCDが、クラシック音楽業界としては空前のミリオン・ヒットとなり、現在にまで続くクラシック音楽ブームをリードしてきた。小澤征爾という名前は、もはやクラシック音楽になじみがない人でも知っている、信頼度の高いブランドだと言えるだろう。
 
 そうした功成り名を遂げた人物が、半年もの療養期間を経てなお現役に戻ってくるというところに、ある種の執念を感じるのは筆者だけではないだろう。小澤氏は1960年代初頭に欧米デビューを果たしてから今日まで、「西洋音楽の伝統を持たない日本人が、一生をかけてどこまで西洋音楽に近づけるのか、その実験をやっている」と公言している。

コメント1

「音楽脳を刺激しよう」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長