• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

野茂選手が再び日本でプレーしない理由(その2)

  • 団 野村

バックナンバー

2006年7月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント4件コメント/レビュー

野茂選手が日本球界復帰の交渉をしていたとは知らなかった。そしてオリックスがその道を閉ざしたことも…。当時の近鉄は野茂を失って戦力ダウンしたかもしれぬが、野茂選手が海外に渡ってからもう何年経つのか。「無期懲役」的な規定はあまりに重すぎ、公序良俗に反するのでないか。しかも、オリックスは野茂の海外移籍によって何の損失も被っていない。ただ単に近鉄の権利を継承したにすぎないのだ。それなのに、いたずらに保有権を振りかざして野茂選手の日本球界への復帰の道を閉ざすことに強い怒りを抱きます。全国の野球ファンは、こうしたプロ野球界の閉鎖的体質にもっと声を上げるべきでないか!?(2007/04/12)

「野球よ!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

野茂選手が日本球界復帰の交渉をしていたとは知らなかった。そしてオリックスがその道を閉ざしたことも…。当時の近鉄は野茂を失って戦力ダウンしたかもしれぬが、野茂選手が海外に渡ってからもう何年経つのか。「無期懲役」的な規定はあまりに重すぎ、公序良俗に反するのでないか。しかも、オリックスは野茂の海外移籍によって何の損失も被っていない。ただ単に近鉄の権利を継承したにすぎないのだ。それなのに、いたずらに保有権を振りかざして野茂選手の日本球界への復帰の道を閉ざすことに強い怒りを抱きます。全国の野球ファンは、こうしたプロ野球界の閉鎖的体質にもっと声を上げるべきでないか!?(2007/04/12)

本記事の論点とは少しずれますが、私は、「出戻り大リーガー」が許せないと感じています。一大決心をして「大リーグ挑戦」を決めたからには、野球選手としてのキャリアを「大リーグ」で骨をうずめてほしいと思っています。野茂選手の場合、「日本的な野球」に合わなかった(日本式の野球では「だめな野球選手」なのです)から大リーグへ、しかも前例を破ってまで移籍したのですから、当然の権利です。よって、引退するまでアメリカでプレーするべき模範なのです。(2006/09/01)

日米問わず野茂選手が再びマウンドに立つ雄姿がみれるようになることを願います。再契約する意思がないならば日本球団側は選手個人の自由を尊重すべきと思います。(2006/07/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授