• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「佐藤正明・1962-2006・ Japan-London-New York展」

現代美術における日本人作家の第一人者・佐藤正明の足跡をたどる回顧展

  • 杉江 隆

バックナンバー

2006年7月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 都心のビジネスの拠点・有楽町にあるフジテレビギャリーにて、8月11日まで「佐藤正明展」が開催されています。フジテレビギャラリーは1970年に設立され、グローバルな美術活動を通じて、世界で活躍する優れたアーティストを発掘、紹介する前進的なギャラリーとして有名です。

現代美術における日本人作家の第一人者・佐藤正明の足跡をたどる回顧展

 さて、今回の個展の主人公・佐藤正明は現在65歳。アンディー・ウォーホールやジャスパー・ジョーンズなどのポップアートに憧れ、「彼らと一緒に展覧会をしたい」という大きな夢を抱き、20代半ばにポップアート発祥の地であるロンドンに単身乗り込みました。

 そのロンドンでは寄宿先の仲間に支えられ、その才能の萌芽も認められて、現代美術の展覧会への参画を果たしますが、絵画だけで食べていくことは出来ないという厳しい現実に突き当たりました。4年間に及ぶ英国での苦行の末、1971年・30歳の佐藤は芸術家としてのリベンジを賭けて新天地・ニューヨークに渡る決断をしました。

 「もう一度、絵画を学び直そう」。そう決心した佐藤は、河原温や荒川修作が卒業したブルックリン美術館付属美術学校へ入学。米国で生き抜くための独創的なスタイルの確立を目指し、試行錯誤の日々を過ごしました。

 そして1976年5月、コネチカット州・オルドリッチ現代美術館主催の企画展「現代の反映」に佐藤が出品した「穴―サブウェイ」シリーズがニューヨーク・タイムズ紙によって絶賛され、“注目の新進作家”として大きく取り上げられました。



bal1
『Subway No.9』 1975, Acrylic on canvas, 127x168cm

 それ以降“芸術の女神”が佐藤に舞い降り、ニューヨークの著名画廊であるO・K・ハリス画廊との契約が成立。現在ではその活躍の舞台は全米・欧州・日本にと世界的な広がりを見せ、現存の日本人現代美術作家としては、第一人者の地位を築いています。

『穴』は存在意義を。雑誌群は多様性を超えた
「普遍」を問い直す

 さて、今回私が紹介したい作品は「Subway No.9」と「Newsstand No.81」です。 「Subway No.9」は1975年に制作され、円錐で物体を貫き、『穴』を空けるという奇抜な発想を基本とする作品です。

 佐藤自身は、「生命体を構成する『細胞』を『穴』として捉え、万物の“存在する意義”を問い質した作品」と解説しています。その『穴』が、この作品では、ニューヨークの地下鉄の列車、駅の壁などに空けられており、都市機能の「細胞」を表現しているものと言えしょう。



bal1
『Newsstand No.81 (The Spirit of NY)』  2001-2002 oil on canvas 152x203cm

 また「Newsstand No.81」は2002年制作で、ニューヨークのそこかしこにある売店=ニューススタンドを題材としています。作品に描かれた店舗を飾る数多い雑誌群は、米国の懐の深い許容性との多様性を表現しており、また人種の坩堝たるニューヨークの様々な価値観を超えた佐藤が目指す普遍性をも啓示していると思います。

 ボップアートに惹かれ、海を渡って40年。
アメリカンドリームを掴んだサムライ・佐藤は静かに、しかし確固とした口調で語ります。
「歴史に耐え、歴史に残る作品。それが僕の目標です」。

(次ページに佐藤正明氏のインタビューを掲載)

コメント0

「美術散歩」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師