• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

あなたは今、しあわせですか?
明石家さんまのCMから20年

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

2006年8月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あれからもう20年にもなるのですね。明石家さんまがテレビCMで「幸せってなんだっけ」と歌ったのが1986年のこと。その後日本はバブル景気を迎え、「失われた10年」を経て、いまここにいます。

 このところ格差論議が盛んで、あらためて、あのCMが問いかけていた質問に立ち返る機会が増えている気がします。いわく「幸せな社会とは何?」。もっとも、幸福度が問われているのは日本に限ったことではなく、世界に共通した現象のようです。

日本の幸福度は90位

 先日、英国ライセスター大学の研究者らが、「幸福度の世界地図」を作成し、発表しました。

 ランキングでみると、日本は90位です。他の先進国は米国が23位、ドイツ35位、英国41位、フランスが62位となっています。また、アジアでは国民総幸福量(GNH)の増大を国家使命としているブータンが8位とトップ10に入り、マレーシアが17位。中国は82位と日本より上位につけ、インドが125位となっています。

 もっとも、何を指標とするかで国別の順位は大きく違ってきます。同じ時期に発表された、こちらは環境への負荷に重視した幸福度ランキングでは、まったく違った順位になっています。

 重視したいのは、やはりひとりひとりの生活者が抱く「幸福感」です。

コメント3

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官