• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メディアが社会を変革するには

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

2006年8月29日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、「オーマイニュース(日本版)」をとりあげた中で、その活動が日本社会を変革する力になるかを問いたいと述べました。

 市民参加型メディアの成功は、ビジネス面だけではなく、社会的影響の面でも評価されるべきでしょう。実際、韓国での「オーマイニュース」の成功は、大統領選挙に与えた影響などと分けては語りえません。しかし、日本において市民参加型メディアがその点で影響力を持てるかは、政治が自分たちの暮らしから離れ「劇場型」になっていることをふまえると、楽観視できるものではありません。

 メディアは、それに接するものの間に、イメージの共有をもたらします。読んでいる女性誌が違えば、「すてきな装い」に対するイメージも違うようなものです。女性誌の場合なら、それを読んだ後、お店に出かけて服を購入するという行動への流れをもてます。

 その結果、読者はいかにもその女性誌風のファッション、そしてライフスタイルを送るようになる。このように、メディアで作られたイメージが実社会での行動に影響を与えるためには、メディアで得た「イメージ」を実社会で行動として反映させる仕掛けが必要です。

 ところが「劇場型」の社会ではどうでしょう。自分たちは参加せず観るだけですから、せっかく得たイメージを実社会で働かせるきっかけがつかめません。

メディアによるイメージが地域を変える

 社会学者の鈴木謙介氏は、「<情報>が地域をつくる―メディアが拓くコミュニティの可能性」(『地域情報化 認識と設計』丸田一、国領二郎、公文俊平編著、2006年、NTT出版)で、メディアが地域変革につながる様子を描いています。

 メディア(媒体)を介したコミュニケーションがイメージとしての地域アイデンティティを醸成し、それが地域の実態を変革していく。韓国という「地域」において「オーマイニュース」が担ったのも、そうした循環であったかと思います。

コメント0

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長