• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第1回】株式投資でなぜ失敗するのか?(1)

  • 山田 英次

バックナンバー

2006年10月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの山田です。

 これから、資産運用にチャレンジしている方々、これからチャレンジしようと考えている方々に、是非知っておいていただきたいポイントや考え方などをお伝えしていきたいと思います。

 多くの方が興味を抱いている株式や債券、不動産への投資や生命保険、年金などと賢くつき合うためには、能動的に判断を進めなくてはならない場面もあるはずなのですが、これら金融商品となんとなくつき合っているという方も少なくないはずです。

 このコラムでは、これらの特性にも触れながら、情報の整理を進めていただくことを第一の目的としたいと思います。

 楽してお金を儲ける手段は、世の中には存在しません。『○年で資産を○倍にする方法』などといった題名の本も街には溢れていますが、こういった本の中には「宝くじを当てる方法」を書いてあるに過ぎないようなものが少なくありません。

 資産を運用に回して有効活用することは大切なことです。でも、それは皆さんの資産形成においてはサブエンジンであることをご認識いただきたいと思います。皆さんの資産形成のメインエンジンは、労働や年金によって定期的にもたらされる収入なのです。

 このコラムは、そのサブエンジンを中長期的に安定稼動させるためのもの、つまり短期間に爆発的に資産を膨らますためのものではないということは、最初に宣言しておきたいと思います。

 サブエンジンを安定稼動させることの延長として、ご自身の大切なお金とのつき合い方、そして、豊かで安心できるセカンドライフの過ごし方のヒントをつかんでいただければ幸いです。

株式投資とは何か

 ここ数年の日経平均株価の復活劇の影響からか、1980年代後半のバブル期を思わせるような株式への投資ブームが続いています。メディアを通じて氾濫している情報を見ると、投資をギャンブルと誤解させるようなものも少なくありません。

 株式投資とは本来どうあるべきなのか、そして、そこで失敗しないための心がけとは何か、初回となる今回は、このポイントを整理したいと思います。

「【シリーズ「定年」】資産運用の落とし穴」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員