• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大人が増えれば、ゲームビジネスの条件も変わる

「面白いかどうか」はもはや最優先事項ではない

2006年10月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いま、テレビゲームの評価軸は、ゆるやかに変化しています。

 大げさにいうならば、個人がプレイしたときに「面白いかどうか?」という判断は、かつてほどの価値を持たなくなっていくのだと考えてください。

 いま、全世代に向けて、音楽を楽しんでもらえる製品を作ろうと考えるのならば、より優れた音質のオーディオ機器を作ろう! という考えではダメでしょう。多くの消費者――とくに大人たち――は、もはやリビングルームで音楽をじっくりと聞く時間が持てません。仕事もあるし、家族サービスだってしなくてはならない。だから現時点で、もっともヒットしている音楽再生機器は、ちょっとした時間に気軽に楽しめるiPodになりました。音質を高めることよりも、より気軽に音楽を楽しめる環境を作れるマシンが、時代の勝者になっているのです。

時間がない環境が勝負を決める

 テレビゲームでも、まったく同じことが起きつつあります。ゲームファンは、音楽を楽しむ人よりも平均年齢が低いため、まだ顕在化していないだけのことなのです。

 ゲームファンの中には、ゲームにたっぷりと時間を取れない人が、かなりの割合を占めるようになってきました。このため、ユーザーの判断基準は変化しつつある。どんなに面白いゲームがあったとしても、それが10時間プレイしないと楽しめないようなゲームであれば、「面白そうだけど、オレには遊ぶ時間がないからなぁ…」と二の足を踏まれるようになっているのです。そんな心境になった経験は、皆さんにもあるのではないでしょうか?

 だからグラフィックが優れていて、腰を据えてじっくり遊ぶと抜群に面白いゲームは、かつてほどの売り上げを稼げなくなってきました。代わりに、大人世代に向けた、どこででもちょっとだけ遊べるソフトをズラリとそろえた、ニンテンドーDSがヒットしているのです。

 当コラムでは、何度となく「これからは携帯ゲーム機にこそ注目すべき」といった主張をしてきました。携帯ゲーム機は、ゲームに割ける時間がなくなりつつあるユーザーにも、気軽にゲームを楽しめる環境を作れるマシン。だからこそ、大作が目立つ据え置きゲーム機から離れてしまったユーザーが、携帯ゲーム機の普及を機に、ゲームファンに回帰してきたのですね。

 かくしてニンテンドーDSは爆発的な人気になりました。

 そして、その陰に隠れて不調に思えているプレイステーション・ポータブル(PSP)ですら、わずか2年でゲームキューブの累計販売台数を抜こうかという勢いで普及しています。ゲームビジネスの本流を知りたいのなら、こちらをチェックする必要があるのです。

年末年始の携帯ゲーム機の動向

 では、現在の携帯ゲーム機の動向を、あらためてチェックしておきましょう。まずはPSPから。いまなお爆発的なヒット作はないものの、なかなか無視できないマシンになりつつあります。

 とくに最近は、やっとPSPならではのソフトが出てきました。

コメント8

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「大人が増えれば、ゲームビジネスの条件も変わる」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック