• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イマっぽい現象をイマっぽい言葉で説明しても、“人体”とは合わないんです

イトイさんに聞く「Web2.0」(その2)

2006年11月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

この記事は、テキストと動画の組み合わせで多角的にお届けします。ぜひテキスト記事と併せて動画をご覧ください。(日経ビジネスオンライン)

NB Online(=NBO) Web2.0は「人々がモノ・情報交換をすることが当たり前」という前提で技術、サービス論が進んでいるように見えます。この点がウソっぽさ、というか違和感があります。

今回のインタビュー映像です。こちらも併せてご覧下さい

糸井 ウソだとは思わないけど、インターネットで起こっている今っぽい現象を説明するのに、今っぽい言葉で説明しても、結局、人体と合わないんだと思うんですよ。アメリカ人が2.0のコンセプトを最初に言った。それで、ちょっと調べて見てたら、定義があるわけじゃない・・・。

 当たり前ですよね。あれは昔、ヒップとスクエアに分けたのと同じで、こっち側に何を入れて、こっち側に何を入れようか、という(議論で、新しい概念を説明する)ことなんだよね。

NBO アメリカ人の好きな言葉、2分法か。「1」と「2」があれば、「どっちだよ」って考えたくなる。INとOUTもそうでしたね。これからの時代、トレンドを示す「IN」と「もう古い」という「OUT」。

糸井 実は、僕は3回OUTに入れられたという誇りがあるんですよ。(笑)

NBO もちろん時代が違うんですよね。

糸井 時代時代で、その都度「もう、あいつじゃない」と言われたんです。

 1回目は正直言って腹が立った。だけど、2回目の時には、それってすごいなと思って。また見た時には、「ああ、俺、これで生きていこう」と思ったんです。(笑)
 取り上げられながら、何度も何度もあいつじゃないと言われている。というのは最高ですよね。それがいいと思った。この芽を育てていこう、って。

 新しい概念が生まれた時に、新しい尺度じゃないと語れないものは、やっぱり無理があるんですよ。体で言えば、神経の突出した部分では説明できることなんでしょうけど、脳を含めた肉体にそぐわないものは、理解されないし使えない。死んじゃうんだと思うんですよ。

俯瞰できると神になったような気がする。でも、違うんだよね

 今、AI(人工知能)という概念を誰も語らなくなりましたよね。この間、『A.I.』という映画の子役の話題が出て、ふと思い出したんです。あ、誰も使わないなって。

 AIについての研究は今もしているんですよ。でも、テクノロジーとしてのAIは、いろんな分野で取り入れられている。だからもう「AI」という形だとか姿をしてなくてもいいんですよ。あれは語るための言葉だったけど、使うための言葉じゃなかったんですね。

 同じように、Web2.0も1.0の違いは何か。「みんなとの情報の交換がしやすくなった」とか「情報を発信している無数の点、その点滅している状態を俯瞰できるようになった」と言いますよね。俯瞰できるとね、まるで自分が神になったような気がするんです。
 でも、実際は、事実は俯瞰なんてできない。1点ごと見ていくしかないんですから。
 だったら、さっきの「キリストとソクラテスの話」じゃないですけど、「肉体・ボディー」に近いところで考えていかないといけない。

 ネットって何ですか、と聞かれれば、みんな「情報交換の話、交換の市場です」と答えますよね。では、市場って何んだろう、と。

 そこでね、僕は最近、歴史家の網野善彦さんの本をまた読み返しているのですが、面白いのは、もともと「市」が立った場所って、人々がマージナルな神の場所と考えていたところだったんです。

 つまり、市場の「場」は人間の範囲じゃなくて神の範囲。その「市」は良い神、悪い神、悪霊、怨霊、この世のものでないものが仕切っていた、と考えられていた。

人々は人間社会ではない場所にモノを持ち込んでは「この場所で起こることは、俺らのせいじゃないです」と言って交換を成り立たせていたんです。

コメント1

「ほぼ日経ビジネスオンラインSpecial」のバックナンバー

一覧

「イマっぽい現象をイマっぽい言葉で説明しても、“人体”とは合わないんです」の著者

瀬川 明秀

瀬川 明秀(せがわ・あきひで)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ビジネスアソシエなどを経て、日経ビジネスオンライン開設後はオンライン編集がメインの業務。2012年からは日経BPビジョナリー経営研究所の研究員を兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長