• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第4回】不動産投資に必要な考え方(1)

マンション経営の3つのポイント

  • 山田英次

バックナンバー

2006年11月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 皆さん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの山田です。
ゼロ金利政策が解除されたとはいえ、いまだ日本は過去にない超低金利時代が続いています。銀行や郵便局に余剰資金を放置しておいても、なかなか増えない、そんな状況が続いているので、ここ数年は様々な投資商品の勧誘が盛んになってきています。

 不動産投資も、その1つです。自己資金が皆無であっても、アパートの大家さんになれば誰でも安定収入が得られるかのような広告が、多く見られます。

 でも、不動産投資に伴うリスクがしっかりと把握できるような広告はなかなか見当たりません。今回は、不動産投資とは何かを考えながら、そのリスクを確認してみたいと思います。

 ちなみに。運用の世界では、「リスク」とは期待収益に対する乖離(ふれ幅)の事を指します。「危険」とは訳しません。

賃貸と持ち家、どちらが有利なのか

 不動産投資を理解するための第一歩は、賃貸と持ち家のどちらが有利なのかを考えてみることです。住宅雑誌では、様々な理由をつけて『だから持ち家が有利』と結論付けていますが、これは、それが住宅を売るための雑誌ですから、当たり前のお話です。

 実際のところは、どちらも変わらないのです。経済というものはよく出来ていて、どちらも、ほぼ損得がない金額で落ち着くようになっています。

 まずは下の図をご覧になって、具体的イメージを膨らまして頂きたいと思います。上段が住宅を購入した場合の30年ローンで住宅を購入した場合、下段が、30年間賃貸で過ごした場合のイメージを表しています。

hikaku1
賃貸と持ち家のどちらが有利なのか


詳しくは、下記コラムをご参照下さい。

日経BP 「セカンドステージ」 「持ち家と賃貸,実はどちらも同じ?

「セカンドステージ」では、資産運用をテーマにしたセミナーを11月18日に開催します。このコラムの著者であるファイナンシャルプランナーの山田英次氏が講師を務めます。
詳細はこちら

コメント1

「【シリーズ「定年」】資産運用の落とし穴」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士