• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』、その答えはあなたの中に

リスク社会化の激流を追った果敢なルポ

2006年12月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』 吉田靖、河出書房新社、1500円(税抜き)
瀬川晶司はなぜプロ棋士になれたのか』 吉田靖、河出書房新社、1500円(税抜き)

 サラリーマンから将棋のプロ棋士になった人の話だ。2005年の春から秋にかけてマスコミでかなり取り上げられたから、まだ覚えている方もいることだろう。

 26歳で一度はプロへの夢を断たれた瀬川晶司さんは、その後アマチュアとして驚異的な勝ち星を上げ、戦後初のプロ編入試験を受けることになった。6番勝負の結果、瀬川さんは勝ち越しを決め、35歳にしてプロ入りが認められた。

 この事件そのものも魅力的だが、本書が描き出すドラマは予想を超えて大きい。『なぜプロ棋士になれたのか』という題名が示すように、ただ一個人の夢が叶ったというだけではなく、その構造的背景を示すことによって、大人が共感できる“現代のおとぎ話”になっているのだ。


アマチュア激減、将棋連盟の経営悪化

 スポーツやゲームで、プロが存立しうる財政基盤を持つジャンルは多くない。新聞社という安定した大スポンサーを持つ囲碁・将棋にも、変化の波が押し寄せていた。

 10年前の羽生善治7冠フィーバーをピークとして、将棋ファンは毎年のように減ってきた。段位を申請するアマチュアは激減し、ピーク時には4億円あった免状収入が1億円以下となった。中規模スポンサーも2社撤退し、安定経営を続けてきた将棋連盟もついに赤字に陥った。

 将棋連盟の財務状況が急速に悪化するなかで、行動力のない執行部に対して若手棋士には危機感が膨らみつつあった。瀬川さんフィーバーが起きたのは、そんな状況下だったのだ。

 この事件が起きるまで、プロへの“再チャレンジ”は認められるはずのない話だった。プロ将棋界は、プロになれた者となれなかった者を峻別することで成り立っている。しかし、現状の制度を守っているだけでは、この業界自体が沈んでしまう雲行きとなってきた。本書は、世事に疎い将棋指しが時代の流れを感じて少しずつ変わってゆく様子を丹念に追う。

 時を同じくして行われた理事会会長選挙で、棋士たちは保守的な中原誠会長よりも大胆な手を打つ米長邦雄会長を選んだ。

コメント0

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授