• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第5回】マンションやアパート経営のここに注意

「家賃保証システム」は信用できるか?

  • 山田英次

バックナンバー

2006年12月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 株式投資は怖くて・・・、なんて言っているサラリーマンや主婦の方が、それ以上にハイリスクハイリターンな不動産投資を行っていることに気付いていない現状は、実は深刻です。

 住宅を購入するという行為(=持ち家を所有する行為)は、1戸とは言え、不動産投資をしていることに相違ないという事実は、前回のコラムでご理解いただいたかと思います。

 最近は、頭金0でもフルローンで持ち家が手に入ります、なんて広告も目にするようになりましたが、これは、借金で株式投資をするのに似た行為であることを知っておくべきです。

 夢のマイホームなんて幻想を頂かせて、持ち家願望を煽る宣伝は昔からのことですが、払い終わるまでは、『持ち』家ではないという当たり前の事実を認めましょう。もちろん、すべてとは言いませんが、不動産業者と金融機関だけが安定して儲かる仕組みに乗せられようとしている人も少なくないのです。

 さて今回は、持ち家ではなく、アパートやマンションを保有する、いわゆる不動産投資について考えてみたいと思います。これは、前回のコラムでお伝えした3つのポイント(レバレッジ効果・金利変動リスク・地政学的リスク)を考えると、持ち家を購入する以上になかなか勇気がいる投資であると言えます。

家賃保証システムは魅力的か

 マンションやアパート経営をする時に多くの人が考えるのが、利回りです。利回り10%などと言っても、11戸のワンルームマンションであれば、1室空室が出れば利回りは0です。2室空室が出れば、赤字を垂れ流すことになります。

 そう考えると、普通の人は勇気が出ないのですが、最近は魅力的だと感じる仕組みが登場しています。それは、『家賃保証システム』です。

『不動産投資をしながらも、家賃が保証されていて、安定した収益が見込めます』

 こんなセールストークを聞かされたことがある人もいらっしゃると思います。説明だけ聞いていると、ノーリスクハイリターンな仕組みに感じてしまいます。

コメント7

「【シリーズ「定年」】資産運用の落とし穴」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者