• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

篠原欣子テンプスタッフ社長(後編)
~実践してこそ、本に「なるほど」と思える

  • 大宮 冬洋

バックナンバー

2006年12月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前編に戻る

本棚に納められたビジネス書には無数のアンダーラインが引かれたり、付箋が貼り付けられたりしている。

 本棚に納められたビジネス書には無数のアンダーラインが引かれたり、付箋が貼り付けられたりしている。行動したことを本で確認すれば、より自信を持って次の行動ができる――今年で72歳の篠原氏は、一貫して行動型読書スタイルを続けてきた。


 仕事が忙しすぎて、たくさんは読めませんけどね。新聞の広告欄を見て面白そうだと思ったり、出版社や著者の方が会社宛に送ってくれた本を読むぐらいですよ。

 付箋を貼ったり、蛍光ペンを引いているのは、具体的な状況は忘れてしまったけど、内容に共感したり、経営に役立ちそうと思った部分です。ジャック・ウェルチの『わが経営』は、後継者を選ぶ場面が印象に残っています。やっぱり会社は『人』だということをあらためて実感しました。

篠原欣子 テンプスタッフ社長

 ただし、最近では、どんなに共感した本でも読み返すことはほとんどない。感銘を受けた松下幸之助の著作さえもすでに手元にはない。物欲が少なく、何事にも執着しない篠原氏の信条が垣間見える。

 こだわりの少ないシンプルな私生活と同様に、会社経営でも虚飾を嫌う。必要な投資は大胆に行なうが、経費節減は徹底的に行なうのが篠原流だ。


 オフィスに余分なスペースがあると、もったいないなと思ってしまうぐらいです。私は「ヤドカリ経営」と呼んでいるのですが、自分たちの規模に合った場所で一生懸命働いて、どうしても窮屈になったら移ればいいんです。立派なオフィスで働くのは気持ちがいいけれど、働く人の気持ちが緩んでしまっては意味がありませんから。

 必要だと思って何度読んでも頭に入らない経営ノウハウ本もある。でも、これも松下さんの本から学んだことですが、経営者は「お金の出と入」をしっかり押さえておけばいいんですよ。

 「出」に関して、ちょっとでも気を許せば赤字になっちゃう。りんごも傷んだ部分を放っておいたら、やがて全体が腐ってしまうのと同じです。まめに傷んだ部分を取り除いておけば長持ちするでしょう。小さなことの積み重ねが大切なんです」


「社長の本棚」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長