• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ハイビジョンの普及でテレビ・CMの製作現場が大変なことになっているんですよ。

イトイさんに聞くWeb2.0論(その5)

2006年12月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 えー、今回のテーマはテレビです。これまでのWeb論とは一転、雑談みたくインタビューが始まります。が、途中で突然「ハイビジョンテレビの普及でコンテンツ制作が変わるぞ」といったスルドイ話題が飛び出しますので、気をつけてお読みください。
 話の中には有名人が出てきます。「モーニング娘。」のプロデューサーつんく、「渡る世間は鬼ばかり」の橋田壽賀子、「ロード・オブ・ザ・リング」「キング・コング」監督のピーター・ジャクソン、俳優のオダギリジョー、詩人の谷川俊太郎・・・。時代・ジャンル分けには興味はないと言う(であろう)糸井重里が「今、気になっていること」です。では、しばしおつき合いのほどを。(日経ビジネス 瀬川 明秀)

※この記事は、テキストと動画の組み合わせで多角的にお届けします。ぜひテキスト記事と併せて動画をご覧ください。(日経ビジネスオンライン)


今回のインタビュー映像です。こちらも併せてご覧下さい

NB Online(=NBO) 9月6日に秋篠宮家のご長男(= 悠仁 ひさひと様)がお産まれになりました。その日、テレビ各局では、喜びの声を集めようと東京・新橋などでインタビューをしていました。そのインタビューに出た人の中にあの「高橋名人」が答えていたらしいんです。

 (編集部註:任天堂のゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)を巧みに操作することで1985~90年頃にかけて子供たちから絶大な人気を集めた。現在、ゲーム会社ハドソンの社員)

糸井重里(=糸井) なるほど。

NBO その日、ネットの中では、「彼はテレビに出るために、街中を彷徨っていたんじゃないの」とか、「いや、テレビ局側は知らなかったんじゃない。それでも普通に答えたんじゃないのか」となぜインタビューに出ていたのかファミコン世代が盛り上がっていました。

人間の能力はたいしたことない、からスタートするとうれしいことが増える

糸井 まぁ、本当のことは分かりませんが・・・、「狙っていた」とか「偶然」とかどちらか、一方に決めるのは面白くないなぁ。“両方持っている”のがいいですね。

 そもそも、世の中の人がいつも計算ずくで生きている、と考えるのはどうかと思うんです。人間って、戦略で生きてないですから。「ほぼ日」(=ほぼ日刊イトイ新聞)で、偉い人たちに会ってお話を聞いても、メディアでは前々から考えていたかのように言われるけど、「いや、実は、何も考えていなかった」って言ってますよ。偉い人たちは(笑)。

NBO 確かに、ビジネスフィールドで「戦略」はよく使いますが、一個人では「戦略」ってあまり考えてない。

糸井 人間って、自分が考えているほど頭が良くない、と言いますか、処理能力がないんですよ。本を読んでいても、ロジックを何層も組み立てている文章だとページをまたいだ瞬間に理解できなくなることってあるでしょ。1ページ前に書いてあることなのに。

 「いや、俺は違うけど」とか「え、なんで、できないの?」と言う人がいるかもしれません。だけど、「みんなできるだろ」とか「みんなができているのに俺だけ・・・」と考えていくと、それはエリート主義になっちゃいますから。それだと、「みんなバカばっかり」「分かるやつだけに見せればいい」という気持ちにとらわれる。それは辛いし面白いことはないんです。「人間の能力は自分も含めて、大したことない」ということからスタートすると、うれしいことは増えますね。

  「頭がいい」「頭が悪い」って本当によく聞く言葉です。金融とかIT(情報技術)系企業の勝敗って、どれだけ新しい情報を集めるか、それをいち早く実践できるか、で決まる部分があります。だから、頭のいい人がいれば勝負できると考えられているんでしょう。

糸井 腕のいい技術者たちが武者修行のように「Googleに入りたい」と思っていた時期がありましたよね。「ほぼ日」にもGoogleに勤めている人が、原稿を寄せてくれてたことがあります。その人の原稿を読むとね、それはそれで、面白そうなんですよ。人を集めるのに最高の環境、かつての米サンタフェ研究所に近い「行ってみたい」と思わせる場所なんですよ。

 今の広告モデルのGoogle、超大企業になるとは思ってなかった頃のあのGoogleに集まってきた技術者は、たぶん愉快だったと思うんです。

 それはそれで、いいんです。だって、野球をやっている小学生が「メジャーリーグで投げたい」と思うことと同じだから。メジャーリーグを目指す小学生の気持ちにエリート意識なんてない。純粋に人が持っている「技術」に関心があるだけだから。

コメント1

「ほぼ日経ビジネスオンラインSpecial」のバックナンバー

一覧

「ハイビジョンの普及でテレビ・CMの製作現場が大変なことになっているんですよ。」の著者

瀬川 明秀

瀬川 明秀(せがわ・あきひで)

日経ビジネス副編集長

日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ビジネスアソシエなどを経て、日経ビジネスオンライン開設後はオンライン編集がメインの業務。2012年からは日経BPビジョナリー経営研究所の研究員を兼務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員