• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ライフログ」:「外部脳」があったら便利だなあと思いますか

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

2007年1月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 正直なところ、ちょっと気持ちの悪い技術だなあというのが第一印象でした。ライフログというのは、自分の行動を記録に残すことで、究極的には、朝起きてから寝るまでに自分がとった行動、得た情報・発した情報のすべてをデジタル化して保存することを目指します。プライバシーに敏感なこの時代に、何を好んで自分の「すべて」をデジタルに残すのか。

 記録するのが面倒、という心配はないようです。眼鏡型などのウェアラブルコンピューターやGPS(全地球測位システム)機能付携帯電話など、端末の発達はめざましく、これらを利用すれば、手間をかけず入力することができます。というか、自動的に記録を蓄積していくのがライフログ。それを保存する大容量のメディアも安くなっており、すでにいくつか試行がなされている状況です。

自分の行動記録を外部に保存する

 物忘れ対策にはなりそうですね。人の名前を忘れたり、うっかりミスをしがちなぼくに向いているかもしれません。生体の外部に持つ記憶脳のようなもの。探しやすくさえあれば、魅力に感じる部分もあります。それに、今利用しているショッピングサイトの、購買履歴をもとにした商品の推薦や、ソーシャル・ネットワーキング・サービスに残された他人の閲覧記録(足あと)など、ぼくはすでにログ(記録)をもとにしたサービスを使っているわけで。

 ライフログは何をもたらすのでしょう。たとえば高齢者のライフログを参考に、使いやすい生活用具を設計する。業務中のライフログを参考に、仕事の流れを改善する。消費者のライフログから、製品事故の可能性を予見する。そんなことも実現できるでしょう。

 これまでの人間行動の記録は、たいてい観察ないし自己申告でした。報告者の主観や独断が入るのが避けられず、盲点が残ります。意識的に気づいたところしか、実際の商品やサービスに生かされない。情報の人為的な遮断による失敗だって少なくなかったでしょう。ライフログならそんなことはありません。

 とはいえ、ライフログは万能ではない。

コメント3件コメント/レビュー

脳内の化学反応を記録し正しく分析する方法が見つかったら電子頭脳が実用化できるかもしれませんね。(2007/02/09)

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

脳内の化学反応を記録し正しく分析する方法が見つかったら電子頭脳が実用化できるかもしれませんね。(2007/02/09)

多分人は推測することで人の行動に共感しているので、推測(憶測)を排除することは出来ないでしょう。推測できないこと(心に思い描けないことと言うべきか)は、多分無い事と同じなんだと思います。(2007/01/18)

ロビン・ウイリアムス主演の「ファイナル・カット」という映画を連想しました。(2007/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長