• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第4回】「ドクターショッピング」が続くケース(後編)

  • 小野 繁,江木 康人

バックナンバー

2007年1月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 しかしながら、医師の立場から言えば「先生、診断書(=精神的な原因のある)が欲しいんですけど」と患者に求められ、現実的な症状の自己申告があれば、診断書を書くことになります。それが、検査の結果がはっきり出る身体病(心疾患とか肝疾患、消化器疾患など)とは違うところです。

 今回の患者さんは、会社の人との面接のうえで、気分転換、リフレッシュと称してちょっとした海外旅行や国内旅行に出かけているようです。当然のことながら、お出かけの装いも病的な状況を感じさせない、とても旅なれた人のようですということでした。

 繰り返します。忙しい日常診療の中では「紹介状」も必要条件ではなく、どこそこの病院でこれをもらっていましたといって、処方箋を提示されると、最初のうちの診断・治療は前の処方を参考にすることになります。

 図らずも、患者、医師、会社の連係プレーにより、こうした「うつ状態から解放されない社員」を作ってしまったということになるのでしょうか。

 症状を訴えて病気であることを主張すること自体が病気(心気神経症)であったり、疾病利得であることがあります。症状を訴える以上、病気ではないと言い切ることは出来ません。

 その上で、不適応が続くのならば、一番自分の居やすいところで生活するというやり方もあるでしょう。これは仕事以外の生活にはほとんど支障なく生活できる状況にあって、本来の医療からは手の届かないところに入り込んでいる状態です。いわば「病気ではない病気」といえるかもしれません。

具体的な処方箋

 このようなケースの場合、身体症状については、自律神経失調症様症状はどのような背景から起こるかを、じっくりと患者さんに理解してもらう必要があります。自分自身の症状の受け取り方で、重症であったり、生活に支障があったり、多少のことは乗り越えてしまったりします。また、時としてその範囲を多少出たものとなる場合がありますが、これはまた元に戻る程度の“揺らぎ”であることを理解していただきたいのです。

 加えて、性格素因や環境因による症状の出現と、ご自身の症状の受け取り方には食い違いが生ずることもあるのだと理解してもらいたいのです。患者さんの性格素因に神経症があったりすると、本人の病気認識を変えさせるのは難しいのですが、そこに病気から解放される糸口があるのです。

コメント7

「本当の「うつ」を見抜けますか?」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員