• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「やけど」の正しい応急手当は?

  • 浜野 栄夫

バックナンバー

2007年1月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント1件コメント/レビュー

正解は1,4とあるが、解説には やけどで水ぶくれ(水泡)ができた場合は、破らないようにしましょう。水疱をはがすと、細胞が乾いて助かる見込みの細胞が死んでしまい、感染する恐れもあるからです。 とある。解説に従うなら政界は1,5ではないのか?(2007/01/29)

「健康クイズ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

正解は1,4とあるが、解説には やけどで水ぶくれ(水泡)ができた場合は、破らないようにしましょう。水疱をはがすと、細胞が乾いて助かる見込みの細胞が死んでしまい、感染する恐れもあるからです。 とある。解説に従うなら政界は1,5ではないのか?(2007/01/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授