• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「環境金融」:あなたは企業をどんな基準で評価しますか?

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

2007年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 元米副大統領のアル・ゴア氏がナビゲーターを務めている映画「不都合な真実」が話題ですね。ぼくはまだ見る機会を得ていないのですが、地球温暖化の問題をわかりやすく表現しており、いま行動することの必要性が伝わってくると聞きます。映画公式サイトの情報によると、ゴア氏が地球温暖化の問題に真剣に取り組み始めたきっかけは、今から20年近く前、1989年にあった子息の交通事故だったといいます。

 当時、日本はバブル経済の真っ只中。いわゆる「イケイケ」ムードの中で、エコロジーブームとでもいった現象があったことを思い出します。ぼくの書棚にも、『講座 地球環境』『地球を救うかんたんな50の方法』など、当時購入した関連書籍が並んでいます。NHK取材班による『地球は救えるか(2)』(1990)の巻頭言では、1988年にアメリカを襲った干ばつをきっかけに世論が盛り上がり、1990年のブッシュ大統領(現大統領の父親)の一般教書で、教育問題と並んで環境問題が強調されたとあります。

対策は進んだか?

 あれから長い年月を経ました。1997年には地球温暖化防止への取り組みをまとめた京都議定書の議決、といった動きもありました。このときは副大統領になっていたアル・ゴア氏も活躍、批准を推進したのですが、けっきょく米国は批准を断念。風力や太陽光といった代替エネルギーの普及には政策の影響が大きいと聞きますが、今年の一般教書演説で環境問題をとりあげ、ようやく少し前向きになりかけた感がある現ブッシュ大統領は、さて、どこまで取り組むことか。

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長