• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

大画面テレビが、高画質ゲームを苦しめる

2007年2月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大画面テレビの普及は、今後のテレビゲームビジネスに、大きな影響を与えそうです。

 とくに追い風を受けるのが、プレイステーション3(PS3)とXboX 360でしょう。これらは高画質を武器にしており、高精細のハイビジョンによる、大画面でこそ魅力を発揮するゲーム機です。現時点では苦戦を強いられていますが、大型テレビの普及とともに人気を盛り返していくはずです。

 ――と、AVの専門家や、テレビゲームの専門家の多くが、当然の帰結であるかのように発言しています。しかし、それは本当なのでしょうか?

 当たるも八卦、当たらぬも八卦の精神で、大胆にゲームビジネスの未来を裏読みする当コラムとしては、そこに大きな疑問を抱いています。

 4~5年後のことはわかりません。しかし、ここ1~2年のスパンで考えるならば、むしろ逆の影響が出るのではないでしょうか? 大画面テレビの普及は、日本市場でのPS3やXbox 360の立場を、むしろ苦しめることになるんじゃなかろうか――と、大胆に宣言しておきましょう。

最大の壁は、日本の生活習慣にある

 なぜなら、据え置きゲーム機というのは、「テレビを“間借り”しなければならない娯楽品」だからです。

 当コラムの読者の皆さんの中にも、すでに大画面テレビをお持ちの方は多いでしょう。そのテレビはどこにありますか? たぶんリビングルームにあると思います。そのテレビでは、たいていの場合テレビ放送が流れていて、それが家族団欒の道具になっているのではないかと推測します。音を絞りめにしてテレビはつけっぱなし、ということもありそうです。

 そうなのです。独身世帯ならば話は別ですが、日本の家庭では、テレビは「みんなが集まっているリビングルームにあり、人がいる限り常に何かの映像が流れているもの」。もちろん例外は多々あれ、このイメージは多くの方に納得していただけるのじゃないでしょうか。

 このため、据え置きゲーム機を遊ぶためには、「1人がゲームを楽しむ代償として、家族の団欒の道具になっているテレビ放送を消す」必要が生まれるのです。

 小さなテレビでも楽しめるゲームならば問題ありません。リビングにないテレビを使えばいいので、家族がテレビ放送を楽しむ時間を邪魔しません。携帯ゲーム機も同様です。しかし「大画面テレビだからこそ面白い」ゲームを楽しむには、どうしても「他の家族がリビングでテレビ放送を見る時間を奪う」ことになるのですね。

 いま、大画面テレビは急速に普及しています。ごく普通の家庭のリビングに、どんどん入ってきています。これらの家庭で、家族からテレビを見る時間を奪い、1人でゲームを遊ぶために占有できる時間は、週にどれだけあるのでしょうか。

コメント48

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「大画面テレビが、高画質ゲームを苦しめる」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員