• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「イノベーション・スーパーハイウェイ構想」:“死の谷”を高速道で突破する?

  • 小橋 昭彦

バックナンバー

2007年2月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 このところ注目を集めている「イノベーション」。直訳すれば「革新」ですが、具体的には研究開発によって新製品や新サービスを市場に送り出すことを意味しています。人口減少や環境問題など先行きの暗い話が多い中で、前途洋々たる味わいのある数少ない言葉ですね。そんなところも人気の理由かもしれません。

革新分野を高速道路で加速

 昨年決定された「経済成長戦略大綱」では、経済成長の起爆剤として科学技術によるイノベーションがあげられています。これを強化する仕組みとして構築しようとされているのが「イノベーション・スーパーハイウェイ構想」。

 「新経済成長戦略」によると、戦略研究分野への「集中・弾力化」「加速」「双方向連携」を目指すものとあります。まずは力を入れる分野を明確にして、関連する車は一般道ではなく高速道に集める。そのうえで、ハイウェイを走る車は、出発点から出口まで止まることなく加速できるようにし、入口と出口を双方向に行き来できるようにも配慮する。研究開発への支援をこのように例えているわけですね。

 イノベーション・スーパーハイウェイにおいて、入口にあたるのは基礎研究、出口にあたるのは市場です。さらに言えば、国際標準や特許が出口の要素に含まれる。新技術の政府調達による優先的購入や、利用に不可欠な環境を整備することも触れられていますから、事業化後の支援も視野に入っていますね。いったん高速道路に乗ったら、死の谷を越せるのはもちろん、あわよくばダーウィンの海も渡らせようという狙いなのでしょう。

コメント1

「小橋昭彦の「ニュースを読む目」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック