• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本のこと、好きですか?

愛国心の高まりとバブル待ち少女の共通点

  • 原田 曜平

バックナンバー

2007年2月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本が流行っています。

 もう、巷で言われ尽くされているかもしれませんが、本当に流行っています。古くからある日本文化を尊び、古き良き時代の日本を懐かしみ、そして日本に誇りを感じる。まさに“日本再認”と言えそうな盛り上がりです。

日本を誇りに思う生活者が急増

 例えば、続編の公開が決まった「ALWAYS三丁目の夕日」。昭和30年代の貧しく、しかし精神的な活力があった頃の日本を描いた映画です。第1作は延べ270万人の観客を動員し、30億円を超える興業収入をたたき出しました。ハリウッド映画があまり好調でない中、他の邦画を見ても本当に元気ですよね。昨年、邦画の興行収入は過去最高となり、21年ぶりに洋画を上回りました。

図1 自尊心回復
図1 自尊心回復
「日本の誇れること」を聞いた。出所:博報堂生活総合研究所「生活定点2006」。同調査は1986年から隔年で実施しており、今回(2006年)は首都圏と阪神圏の合計3293人に、日本人の様々な意識、価値観、ライフスタイルなどの変遷を調査している。以下のグラフのデータは同じ調査による

 また、日本茶を出す「和カフェ」や、浴衣などの「和服」の流行も本格化していますし、サッカーの中田英寿さんも、引退発表後の世界旅行の最中にスーツに雪駄姿でパーティーに出席して注目を集めました。サッカーワールドカップや、野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)など、国家の威信を懸けたスポーツイベントが、驚異的な視聴率を稼ぎ出すようになっています。武士道にスポットライトを当てた『国家の品格』が200万部を超えるベストセラーになったのも、記憶に新しいところです。

 こうした日本的な価値観を見直す“日本再認現象”は、生活者調査のデータからも定量的に裏づけられます。博報堂生活総合研究所が実施している「生活定点」調査では、サッカーの日韓ワールドカップが開催された2002年を境に、日本を評価する生活者の見方に大きな変化が生じたことが分かります。特に顕著なのは、戦後の日本が積み重ねてきた努力の結果を再評価する動きです。

図2 グローバルより日本が優先
図2 グローバルより日本が優先

 例えば、「日本の誇り」として、「経済的繁栄」を挙げる生活者はバブル崩壊後から一貫して減少していましたが、2002年を底に上昇に転じ、今年の調査では21.1%に達しました(図1)。このほか、「高い科学技術の水準」や「国民の勤勉さ、才能」を挙げる生活者は、いずれも25%を超えるようになりました。

 同様に「世界の基準より、日本の基準を優先すべきだ」という回答も2002年を境に急上昇し、今年の調査では実に61.5%に増えました(図2)。日本の技術レベルの高さに対する自信、同時に日本の国益を守ろう、という意識の高まりが鮮明になっています。

コメント58件コメント/レビュー

今さらですがコメントさせていただきます。現在アメリカで留学をしているいわゆる若者です。ここアメリカでは、ほんとに日本食(寿司など)を好む人がほんとにたくさんいます。私からしてみれば、それはきっと今の健康ブームの中で、日本食がそれに沿っているからだと思います。でもそれだけでなく、グローバリゼーションや欧米化の中で、純粋に日本の文化の中に美しいものがあり、それが見なおされてきているのではないかと思います。実際私はバブルには興味はありませんが、日本古来の美にすごく関心がありますし。(2007/07/25)

「データで読み解く、日本人のひみつ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今さらですがコメントさせていただきます。現在アメリカで留学をしているいわゆる若者です。ここアメリカでは、ほんとに日本食(寿司など)を好む人がほんとにたくさんいます。私からしてみれば、それはきっと今の健康ブームの中で、日本食がそれに沿っているからだと思います。でもそれだけでなく、グローバリゼーションや欧米化の中で、純粋に日本の文化の中に美しいものがあり、それが見なおされてきているのではないかと思います。実際私はバブルには興味はありませんが、日本古来の美にすごく関心がありますし。(2007/07/25)

自国のことを誇りに思うのは、当然で、思えない国に住んでいる国民は不幸です。漫画を馬鹿にする人もいるようですが、私はすばらしい文化の一つだと思います。紙に書かれた娯楽は、古くは、万葉集や絵巻があるように、現代では、小説や漫画があります。エッセイなんてものもあります。私から見れば、小説も漫画も同等です。優劣は感じません。もちろん、くだらない駄作は、小説(文学も含めて)にも漫画にもあります。もちろん、すばらしい作品もどちらにもあります。私から見れば、アニメも映画も同等なのです。私は、日本は好きですが、大嫌いな日本人は大勢います。電車内、飲食店に行けば、腐るほどいます。でも、やっぱり、日本に住み続けたいです。外国で骨を埋める気は今のところ皆無です。言葉の壁、食物の違いが一番大きな要因です。(2007/07/04)

日本の技術は、無料でどんどん海外に漏れています。既に手遅れなくらいに…おそらく、事実上のオープンアーキテクチャな国になるでしょう。もちろん、簡単には真似ができないでしょうけど。でも、それも、時間の問題かも。(2007/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員