• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

滅びゆくゾウの王国

  • 佐伯 裕史

バックナンバー

2007年3月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アフリカ中部に位置する人口約1000万人のチャド共和国。この国に1963年に設けられたザクーマ国立公園は、野生生物の楽園だ。東京都の1.5倍ほどの広さを誇る公園には、キリンやスイギュウ、カモシカ、ダチョウなどが今も多数暮らしている。



チャドのザクーマ国立公園内にある水場に集まったゾウ。この水場は乾期でもかれることがないため、多くの野生動物がここで渇きをいやす
チャドのザクーマ国立公園内にある水場に集まったゾウ。この水場は乾期でもかれることがないため、多くの野生動物がここで渇きをいやす

 なかでもここは、ゾウの大規模な生息地として知られていて、乾期になると3500頭ほどがこの公園に集まってくる。ここには、決してかれることのない水場があるからだ。

 1970年代、アフリカ中部には30万頭ほどのゾウが生息していた。しかし今日では、わずか1万頭にまで急減している。それだけに、ザクーマは今も残る貴重なゾウの王国で、時には1000頭を超す群れが移動する姿を見ることができる。

 ゾウの生息数が激減した最大の原因は、象牙目当ての密猟だ。密猟者たちは今も、このゾウの王国を脅かしている。

 ザクーマ国立公園内は、武装したレンジャーたち88人が取り締まっているが、密猟がやむことはない。米ナショナル ジオグラフィック協会の探検家J・マイケル・フェイをリーダーとする調査隊が2006年5月から10月にかけて調べたところ、27頭のゾウが密猟者に殺されていたことが分かった。



ザクーマはアフリカ中部で最大のキリンの生息地でもある。乾期になると、800頭ほどがここで暮らす
ザクーマはアフリカ中部で最大のキリンの生息地でもある。乾期になると、800頭ほどがここで暮らす

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長