• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私の推薦する外国語習得法【Part1・発音】

「言葉は一種の音楽」

  • ブルース・ホルコム

バックナンバー

2007年3月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 旅行中の楽しみの1つに、周りの人の会話に聞き耳を立てることがあります。とは言っても、会話の中身を盗み聞きするような悪趣味ではありません。その言葉が英語でない場合は、何語かなと考え、英語の場合は、アクセントなどからその人の母国語を当ててみようとします。

 独り遊びのような頭の中でのゲームなんです。時々、自分からその人に話しかけて、正解かどうかを確かめられる時もありますが、たいていの場合はそこまで確認できません。けれども、自分の予想が大当たりだった時は、心の中ではかなり喜びます。

 私がいろいろな言葉を聞くとき、自分の耳はまるで音楽を聴いているように感じます。音とリズムが1つの音楽、ミュージックとなって耳に入ってくるのです。違う言葉は違うミュージックとして耳に入ってきます。

 外国語を習い始めたとき、誰もが最初にぶつかる壁は、新しい音の発音と聞き取りだと思います。最近の研究で、この問題にどのように取り組むべきかのヒントが明らかになりました。

 外部から入ってくる音を最初に処理するのは、耳に近い脳のある場所だそうです。病院などでも使われているfMRIの技術を応用して、言葉の音を聞き取る時に、脳のどの部分が働いているかを画像として見る実験が行われました。

 英語の聞き取りがよく出来る日本人(実験対象A)、英語の聞き取りがそれほど出来ない日本人(実験対象B)に録音された日本語と英語を聞かせて比較しました。日本語を聞かせた時は、2人とも脳のほぼ同じ場所で音を処理していることが画像によって分かりました。

 次に英語を聞かせたところ、Aは、日本語を処理していた場所と違う場所で英語の音を処理しており、Bは、日本語と同じ場所で英語の音も処理しようとしていたことが分かりました。

 この実験結果から推測できるのは、新しい外国語を習得するためには、そのつど別の音の処理センターを脳に作らなければならないということです。Bは、日本語の処理センターで、無理やり英語の音を処理させようとしたわけです。まるで、ゴルフをするのに野球のバットを持って行ったようなものです。

 バイリンガルといわれる子供たちは、とても恵まれています。たとえば、日本語を話す日本人のお母さんと英語を話すお父さんなら、生まれたときから子供は、両親の話を何時間も何時間も聞いて、脳の中には自然に2つの音の処理センターが作られていきます。

 中学生や高校生、大人になってから、いきなり別の処理センターを作ろうとしても、そう簡単にいくはずがありません。それらの言葉が自然に話されている環境外で、外国語の音を身に付けなければならないのです。新たな音の処理センターを作るために、人工的に環境を作ることが必要となります。

コメント1件コメント/レビュー

北欧の大学で日本語を教えています。以前アジア諸国で英語を教えてもいましたが、仰るように言語習得においてヒアリングは一番大切な初期訓練だと思います。例えるならボクシングでディフェンスの技術を身につける、ということに似ているのでははないでしょうか。ガードを固めたり上半身を振って相手のパンチを避けることが出来なければ、強いパンチを持っていても相手との打ち合いはなかなか続けられないように、聞きとれる耳を持っていなければ、上手に発音できても相手の言葉を受け止めきれずに会話を長く続けられないと思うのです。同じ単語や言い回しを繰り返し聞きながら、その言葉に脳と口が自然と反応するよう体に教え込む。単純な反復練習は退屈なこともありますが、どのスポーツでも基本動作の繰り返しは大切なトレーニングです。言語学習を開始する年齢によって上達速度は変わるかもしれませんが、しっかりとしたヒアリング能力を養って、会話におけるディフェンス技術を高めれば、たとえ短い言い回ししか出来ない段階でも、ジャブのように相槌を打ち続けることで試合(会話)は成り立つと思います。(2007/03/28)

「生きる~ニッポンの風に吹かれて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

北欧の大学で日本語を教えています。以前アジア諸国で英語を教えてもいましたが、仰るように言語習得においてヒアリングは一番大切な初期訓練だと思います。例えるならボクシングでディフェンスの技術を身につける、ということに似ているのでははないでしょうか。ガードを固めたり上半身を振って相手のパンチを避けることが出来なければ、強いパンチを持っていても相手との打ち合いはなかなか続けられないように、聞きとれる耳を持っていなければ、上手に発音できても相手の言葉を受け止めきれずに会話を長く続けられないと思うのです。同じ単語や言い回しを繰り返し聞きながら、その言葉に脳と口が自然と反応するよう体に教え込む。単純な反復練習は退屈なこともありますが、どのスポーツでも基本動作の繰り返しは大切なトレーニングです。言語学習を開始する年齢によって上達速度は変わるかもしれませんが、しっかりとしたヒアリング能力を養って、会話におけるディフェンス技術を高めれば、たとえ短い言い回ししか出来ない段階でも、ジャブのように相槌を打ち続けることで試合(会話)は成り立つと思います。(2007/03/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授