• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

逃げるのも価値がある

『宋文洲の傍目八目』の著者、宋文洲氏に聞く

  • 真弓 重孝

バックナンバー

[1/2ページ]

2007年5月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年、岐阜県の女子中学生がいじめを苦に自殺した時、
日本には逃げ場を与えようとしない空気、常識があると指摘した。
思い込みから逃げる、その大切さを説く根源にあるものは。

(聞き手は真弓 重孝)

あなたの「常識」、正しいですか?
宋文洲著
定価 1,260円(税込み)

 ――来日して20年以上たちますが、当時と現在で日本は、中国は、そして世界は変わったと思いますか。

 ものすごく変わったと思います。現象的なことで言えば、僕が日本に来た頃の中国は、経済発展が始まったばかりだったので、日本のカラーテレビをお土産に持って帰るとものすごく喜ばれました。それが今では、中国の家電メーカーでさえ薄型テレビを生産し、しかも儲からないような時代です。

 日本も変わりました。先日、初めて来日してから半年ほどしてできた彼女と、たまたま連絡が取れました。彼女から「あの頃は、『このままつき合い続けても、明るい出口はないだろう』と思っていた」と言われました。

 当時は、中国人留学生も珍しく、留学生がそのまま日本に残って僕のように起業することなど想像もできない状況でした。中国人の僕が東証1部に上場する企業のトップになっていたことを、彼女はつい最近まで知らず、とても驚いていました。

 今までのエピソードは、毒にも薬にもならないような話ですが、苦言という意味では、日本も中国もこの20年の間に拝金主義が信じられないくらい進んだと思います。

 ――それは何が原因なのでしょう。

 中国のことで言えば、トウ小平の改革開放が始まるまでは「人間は一切欲望を持ってはならない」と強いていたのを、改革開放でそのたがを外したのですから、反動が一気に出たのでしょう。文化大革命は人が本来持つ欲望を人工的に抑え、国家のために滅私奉公を強いた。人間の自然な振る舞いを抑制したのだから、文化大革命によって経済がおかしくなったのは当然です。

コメント3件コメント/レビュー

いつも楽しく(?)読ませて頂いております。気に入った記事はプリントアウトして配ったり、
メールで宣伝してます。「もう1つひどい事例を挙げます。」とか
「許せない」ってフレーズジーンと来ます。宗様の「傍目八目」は続けて欲しいです。
もっと読みたいです。「傍目八目」は私の好きな言葉のひとつです。洋七さんが言ってました
「誰からも好かれる事なんてできない。キリストさんもお釈迦さんも、みんなから好かれてる訳ではないでしょ。」(2007/05/30)

オススメ情報

「著者に聞く」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いつも楽しく(?)読ませて頂いております。気に入った記事はプリントアウトして配ったり、
メールで宣伝してます。「もう1つひどい事例を挙げます。」とか
「許せない」ってフレーズジーンと来ます。宗様の「傍目八目」は続けて欲しいです。
もっと読みたいです。「傍目八目」は私の好きな言葉のひとつです。洋七さんが言ってました
「誰からも好かれる事なんてできない。キリストさんもお釈迦さんも、みんなから好かれてる訳ではないでしょ。」(2007/05/30)

いつも傍目八目を興味深く拝読させていただいております。これだけ日本社会に貢献してくださっている宋さまの貴重なご意見を、「よそ者の寝言」と切り捨ててしまうにはあまりにももったいないとおもいます。わずか1%のマナーの無い読者の意見は無視していただいて、残り99%の前向きな読者のために、これからもコラムを続けていただければとおもいます。(2007/05/17)

今私は、『長時間残業や、気合いだけで部下を働かす上司など、日本の企業社会に根づいている振る舞い』に苦しめられています。4年間耐えてきましたが、数値で合理的ではないと説明しても精神論しか帰ってこない今の職場に辟易しています。『逃げる』というのは、日本に28年も暮らしてきたものに取っては『空気』に抗う難しい選択ですが、今回社内公募という形ですが、今の職場から『逃げる』ことにしました。異動した先でも同じような状況であれば、他の仕事場を探さないといけません。コミットメント、ターゲットの文化と言われた外資系の製造業でも、このような感じなのですから、美しい国日本には求めるような職場はないのかもしれません。情実人事、根性論、精神論、報復人事等々、日本的なものが色濃く残っている現状は、外国人を多数入れて、わざと多様性を作り出さないといけないのかもしれません。(2007/05/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント