• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ「FF」はいつまでも強いのか?

「スクウェア・エニックス パーティー2007」リポート

2007年5月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月12~13日。幕張メッセで「スクウェア・エニックス パーティー2007」が開催されました。同社の新規タイトルを体験プレイできる展示会です。2日間で7万5000人を超える入場者があり、大盛況となりました(写真)。

 写真ではスライムが目立っていますが、会場で目を引いたのは、やはり「ファイナルファンタジー」(以下FF)というブランドの強さです。

 私たちは、ついプレイステーション(PS)3で開発されている「ファイナルファンタジーXIII」だけに注目してしまいがちですが、「FF」ブランドの強さは、むしろ多種多彩な外伝シリーズ・移植シリーズを、各種ハードで多角的に展開しているところにある。それを肝に銘じておかないと、メーカーの意図を読み損なってしまいます。

10本を超える「FF」タイトル

 なにしろ今回の発表会では、「FF」と名の付くものだけで10本を超えるタイトルが出展されました。専用ブースで体験プレイできるものだけでも、ニンテンドーDSで3タイトル、PSPで1タイトル、PS2で2タイトル(うちXbox360やPCでも遊べるマルチタイトルが1つ)と、人気ハードをすべて押さえるという盤石な布陣です。

 これほど多くのソフトを出展しているにもかかわらず、それぞれのブースでは、2~3時間待ちの行列が作られました。人気シリーズを多角的に展開する戦略は、大成功をおさめています。

 さらにはケータイ用のオリジナルタイトルや、純粋な映像作品もある。また、PS3用タイトルとして期待されている「ファイナルファンタジーXIII」をはじめとして、映像出展されたタイトルも多数ありました。多角的に展開する「FF」シリーズの各タイトルの割合を見るだけで、現在のデジタルエンタテインメントビジネスの潮流が見えてくるような発表会でした。

総合コンテンツ企業ならではの戦略

 こういった多角的な戦略を実行できる最大の理由は、いささか逆説めきますが、ここ数年のスクウェア・エニックスが志向してきた「ゲーム専門メーカー」という枠からの脱皮、これが成功しているためでしょう。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「なぜ「FF」はいつまでも強いのか?」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長