• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

現代日本社会をチクリと風刺する

風間サチコの痛快な木版画

2007年5月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 さて、今月からいよいよギャラリーを訪ね歩き、「手が届く現代美術」を紹介していきたい。今回は美術関係者にもまだなじみの薄いギャラリーに行ってみた。高円寺から歩いて2~3分、そろそろ再開発がかかりそうな場末の雰囲気が漂うビルの3階に昨年オープンしたばかりの「無人島プロダクション」である。

 アパートみたいな階段を上って中に入ると、展示スペースは狭いし、いかにも部屋を急いで改造したという感じ。それもそのはず、ここはもともと現代美術の画廊に勤めていた藤城里香さんと、音楽ライターの妹沢奈美さんがオフィスとして借りた場所。だから名称もギャラリーではなく、マンガやアニメのスタジオのように「プロダクション」としたのだが、どうせなら作品も展示しようと一画をギャラリーに改装したのだという。銀座あたりのコジャレたギャラリーに通い慣れた紳士淑女は面喰(く)らうかもしれないが、新しいアートというのはまさにこういう場所から生まれてくるものなのだ。

世界的に認められる日本の木版画の品質

 その無人島プロダクションで開かれているのが「風間サチコ展」だ。風間は知る人ぞ知る木版画のアーティスト。1990年代から「アーバナート」などのアートコンペに参加、2006年には岡本太郎記念現代芸術大賞展に大作を出品し優秀賞を受賞、その作品が文化庁に買い上げられ注目を集める。

 今年の冬にはこの場所で新作展を予定しており、今回はお披露目ということで旧作中心の展示となった。驚いたのは、私が訪れたオープニング翌日にはすでに出品作品の8割方が売約済みだったこと。売れた作品はプライスリスト(価格表)に赤丸がつくので分かる。

 失礼ながら、こんなに売れているとは思わなかった。もちろん昨年の受賞や文化庁の買い上げも効いているだろうし、ギャラリストの営業努力も大きいはず。でも最大の要因は、木版画という表現形式にあるのではないかと思うのだ。

 だいたい資産家やIT長者ならいざ知らず、ちょっと余裕のあるサラリーマンでも巨匠の油絵などは手が出ない。とりあえず水彩や素描や版画を買ってみるものだ。とりわけ版画は1つの版から数十枚も数百枚も刷れるので、1枚の単価は割安になる。もちろん油絵のような質感や、1点もの特有のアウラ(霊性のようなもの)はないけれど、印刷物と違って作者が監修しサインも入るので、リッパな美術作品に違いない。中でも人気が高いのが木版画。江戸時代から浮世絵版画の伝統もあって、日本の木版画の質の高さは世界的に認められたところだ。

「村田真の「手が届く現代美術」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長