• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「団塊発、世界へ」。2007年、DSは再加速する

2007年6月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ついに、2007年春が過ぎてしまいました! 

 これを機に、テレビゲームビジネスの中で、大人用のゲームソフトの重要度が、ぐぐん! とアップしました。多くの人には釈迦に説法かもしれませんが、2007年春は、団塊世代が定年退職をはじめる時期にあたるからです。

 みなさんご存じのとおり、「団塊世代」とは戦後すぐに生まれた人たちのことです。一般的には1947~49年生まれの世代を指します。その最大の特徴は、世代別の人口が多いことです。つまり、この世代のハートをつかんだ商品は、他の世代のハートをつかんだ商品よりも、より大きなヒットになるわけです。

 そんな団塊世代が定年退職しはじめました。多くの人たちが、時間に余裕ができるようになりました。「ゲームファン全体に行き渡ったし、そろそろ品薄状態が終わるのでは?」という予測を裏切り、いまなおニンテンドーDSが爆発的な売れ行きを維持している理由のひとつが、ここにあるといっていいでしょう。

地味なソフトにこそ注目を!

 大人向けのゲームというと、つい「脳トレ」や「Nintendogs」のような大ヒット作ばかりに注目しがちですが、DSの勝因は、むしろ地味ながら確実に普及しているソフトが多いこと。ゲームショップのパズルゲームの棚を眺めると、多種多様な大人向けゲームがあることに驚くはずです。

 ハドソンがリリースしている「パズルシリーズ」などが、その代表でしょう。ターゲットは完全に大人。ストーリーもなければ、ゲームを説明してくれるキャラクターもいません。ただ良質かつ大量のパズルを用意し、1本のソフトに詰め込んでいます。タッチペンで扱えるため、初心者でも操作が難しくないのもポイントです。

 同シリーズは、2006年3月23日に第1弾を発売して以降、2007年3月までに17タイトルをリリースした人気シリーズ。こういった地味な大人向けソフトが並んでいることが、大人たちに「ソフトがたっぷりとある」という安心感を与えることに成功しているのです。

次なるターゲットは米国の“ベビーブーマー”

 退職する団塊世代をターゲットにするという戦略は、いったん成功すると、大きなメリットがあります。

 団塊世代というのは、日本特有のものではないからです。第2次世界大戦に関わった国では、日本と同様、戦地からの帰国者の増加→婚姻数の上昇、という理由により、この世代の人口が多い。アメリカにおけるベビーブーマー世代などがそうですね(厳密には、ベビーブーマー世代は、もう少し幅広い世代を指しますが)。

 今は全世界的に「仕事を辞めて、退職金を得て、時間が自由に使える世代」が一気に増えつつある時代なのです。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「団塊発、世界へ」。2007年、DSは再加速する」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員