• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「極地氷解」~暴走する地球温暖化

“炭鉱のカナリア”はもう虫の息と思われよ

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2007年6月4日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 南極やグリーンランドなど、世界中の氷床や氷河が科学者の予想を上回る速度で解け始めた--。『ナショナル ジオグラフィック日本版』6月号では、暴走する「地球温暖化」の実態に迫る衝撃的なルポを紹介した。炭鉱のカナリアに例えるなら、すでに自らの死をもって危険を知らせる、その直前、という段階だ。

 ここでは、その一部を紹介させていただく。話は、南米ボリビア、標高5260メートルのチャカルタヤ氷河にあるスキー場の惨状から始まる。

 世界で最も高い所にあるスキー場だ。設備といえば、長さ1キロ足らずのゲレンデが1カ所と、古びた簡易リフトがあるだけ。空気が薄過ぎるため、スキーヤーたちは酸欠気味。頭痛を紛らわすためにコカの葉を煎じたお茶を飲んでいた。

 この高地にスキー場ができたのは、小さな氷河があったおかげだという。全盛期には南米選手権の会場になったこともあった。雨期になると氷河に雪が積もり、どうにかゲレンデらしきものになる。

 1939年にスキー場がオープンした時には、すでに氷河は解け始めていたが、ここ10年ほどで一気に後退し、昨年には氷の塊が3カ所残るばかりになってしまった。今や一番大きい氷塊でも直径200メートルほどしかなく、リフトの下には岩だらけの地面が広がっている。

 日本人にはあまりなじみがないが、高山の氷河から極地の広大な氷床まで、地球上のあらゆる場所で、誰も予想しなかった勢いで氷が解け始めているのだ。

 91年からチャカルタヤの氷河を観測してきた科学者たちも、まだ数年は安泰と見ていた。地球温暖化が進めば、氷河が解けるのは十分予想されていたが、そのスピードは科学者の予想を超えていたわけだ。

 気温の上昇ペースから計算できるスピードよりも、極めて速いペースで氷の融解が進んでいる。

 氷河や氷床は、わずかの気候変動にも敏感に反応することが分かってきた。グラスの中の氷が一定のペースで解けるのとは違い、氷河や氷床はいったん解け始めると、どんどん融解が進む傾向がある。チャカルタヤの場合は、氷河の一部が解けて黒っぽい岩が露出したため、太陽熱をよく吸収するようになり、融解が加速した。生じた変化がさらに悪影響を及ぼす負のフィードバック効果だ。そうして山岳地帯や極地の氷床は急激に縮小しつつある。



ひと夏の間に60メートル分の長さが消えたアイスランドのソルヘイマ氷河。気温の上昇に伴い、この氷河は過去10年で500メートルも後退した。
ひと夏の間に60メートル分の長さが消えたアイスランドのソルヘイマ氷河。気温の上昇に伴い、この氷河は過去10年で500メートルも後退した。
⇒画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます

コメント0

「「ナショナル ジオグラフィック日本版」編集長の「地球からの報告」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長