• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私が校長室を出る理由

校長の意志は教員に伝わらないのか

  • 荒瀬 克己

バックナンバー

2007年6月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、学校の組織を変えるというような法案が審議されているのは、なぜだろうか。それは根底に「学校教育に問題がある」という判断があるからだ。答申をまとめる中央教育審議会(中教審)の議論でも、「学校組織に校長の意志が反映されないので、様々な問題が解決されない」「校長の意思が反映されるよう、副校長・主幹などの新たな職を置くべきだ」という声が確かに多かった。

 組織を変更しなければならないほど、校長の意志は反映されていないのか。もしもそうだとしたら、それはなぜか。

 校長ならば、おそらく誰もが学校の教育課題を把握していて、その克服や解決のために日夜考えている。子どもたちのことを思い、学校の教育力向上について腐心しているのである。だからこそ学校組織、教育活動は校長の意志を反映する必要がある。それなのに、なぜ校長の意志が教員に伝わらないのか。

「教員組合」が問題なのではない

 一昔前だったら、教員組合のせいだという声が上がったのだろう。しかし最近は学校によって異なるが、組合への加入率は下がっている。それでも「いまだにこり固まった組合員がいて、何でも反対している」という声があるかもしれない。だが本当に「何でも反対する」「本当に働かない」教員がいるとすれば、それは組合員であることよりも、教員としての適格性の問題だ。

 いわゆる“問題教員”に関しては、「教員組合のせい」というよりも、校長の指導力、同僚たちの見識、教育委員会のありようが問われているのである。だからこそ教員組織を変えるしかない、教育委員会に文部科学省の指導を入れるしかない、という声が出てきたのかもしれない。

 しかし、組織を変えたら、校長の意志は本当に伝わるのか。現在伝わらないものが、伝わるようになり、学校は良くなるのか。

 学校の中には、確かにいろいろと解決すべき課題がある。それを否定するつもりはない。また、あってはならない問題が起こっていることも事実だ。だが、学校がどうしようもない状態になっているとは思わない。多くの学校で、現状を分析し、改善と一層の充実に向けて地道な取り組みが行われている。そういう学校では、校長の意思は教員に伝わっているのか、いないのか。現行の、いわゆるナベブタ組織の中では、校長の意志は伝わらないのかどうか。

教員の声に耳を傾ける和田中・藤原校長

 思い出すのは、杉並区立和田中学校の藤原和博さんだ。いわゆる民間人校長である。「よのなか科」という独自科目を創設し、自ら授業を担当する。教育委員会から下りてくる各種の調査や報告なども、意味の見いだせないものには応じないらしい。教職員が生徒と接する時間を少しでも多く確保するためだ。

コメント2

「浮雲校長、アラセが行く!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト