• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私が遭遇した「厚生年金制度」の摩訶不思議

  • ブルース・ホルコム

バックナンバー

2007年6月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の年金制度は不思議なものだなぁとつくづく思います。もし悪政に対して風刺を書く作家でしたら、この事実をそのまま書けば十分面白い作品になるでしょう。

 私が個人的にその制度に出合ったのは、日本で株式会社を設立した1980年代半ばの頃でした。税理士から厚生年金制度に加入する義務があると言われたのです。

 最初、私は抵抗しました。外国人の私が果たして最終的に年金をもらえるのでしょうか? なぜ健康保険と年金はワンパックになっているのでしょうか? 素朴なたくさんの疑問を率直に問いかけました。

 今でも鮮明に記憶に残っているのは、当時の税理士の1つのコメントです。「ホルコムさん、厚生年金の掛け金はあなたのお金ではないのです。それは今の年寄りの年金を払うためです。将来は若い人たちがあなたの年金を払います」。

 その当時は、外国人の権利が今よりももっと曖昧な時代だったので、気持ちとしては受け入れがたい話でした。少しの間抵抗を続けましたが、自分にとってこれは一種の税金なのだと理屈をつけて、自分の社員とその家族のために結局加入しました。

 加入してみて、経営者として感じたのは、会社が従業員の厚生年金の掛け金と同じ金額を負担する義務は大変だなぁということでした。その後、世の中では個人の掛け金は上がる一方でした。

 その結果、会社の拠出率もぐんぐん上がったので、零細企業においては会社負担分が苦しくなってしまい、滞納の果て、不法に厚生年金制度から脱出した会社もたくさんあるはずです。また、義務づけられているのにそれを無視して、はじめから厚生年金制度に加入しない会社も増えたことでしょう。

 次に私が日本の厚生年金制度にぶつかったのは、母国オーストラリアで銀行へ融資を申し込んだ時でした。日本で積み立てた年金の合計額を融資申込書に記入しなければならなかったのです。管轄の社会保険事務所や、その他のたくさんの窓口に問い合わせました。

 いくら聞いても、その答えは「よく分かりません」あるいは「その計算は複雑なので、普通はその情報は提供できません」。毎回ぐるぐるとたらい回しにされた揚げ句、ほとんど答えらしい答えは出てきませんでした。

コメント10

「生きる~ニッポンの風に吹かれて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官