• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

まっすぐに見ているか、まっすぐに聞いているか

  • 荒瀬 克己

バックナンバー

2007年6月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月末に出たある雑誌で教育特集が組まれた。堀川高校のことも書いてあった。取材を受けていたから、記事が掲載されるのは当然なのだが、その記事を読んで驚いた。まず、アタマにきた。次にガッカリした。そして反省し、最後に納得した。

 教育改革が、日本中で叫ばれている。各地の取り組みは様々だが、競争原理や市場原理の導入、というのが目立っている。学校はサービス業だから、お客である生徒や保護者に選ばれるべきだ、という考えがある。私は高等学校にいるので、このことについてはその通りだと思っている。高校は確かに選ばれる対象だから。

 それが義務教育、つまり小中学校にまで及ぼうとしている。学校選択制だ。実際すでにそうなっている地域がある。このことについては様々な議論があり、私の住む京都市では、教育長が導入しないと言っている。学校には、いわゆる勝ち組も負け組もつくらない、という考えだ。

確かにそういう言葉は使ったが…

 雑誌の教育特集には、小中学校の学校選択制を導入している地域で、教員が疲弊している状況が描かれていた。よって、教員の多くがその地域から出たいと願っていること、また、その地域に転勤になることを「島流し」のように言っていることが教員の言葉として書いてあった。

 ふうんそうか、と思いながら読んでいた。そして、堀川高校のことが書いてあるページに目をやって驚いた。学校選択制の導入されている地域の、どちらかというと元気のない教員たちと対照的に、教員が自分の力量をうまく発揮できて生き生きしている学校で、その見事な活性化術を操る校長として私のことが紹介されていた。

 これだけ言うと、それがなんでアタマにくるの、と思われるだろうが、その私のやり方(やり口と言うべきか)が、実に巧妙でずるそうなものとして描かれているのである。なんともふてぶてしく、人を馬鹿にしたような、不遜で狡猾で裏をかく校長、といった書かれ方なのである。

 それ、その通りじゃないの、と言われたら身も蓋もないが、実態はそこまでひどくない。しかも、カギカッコで書かれた私のセリフが妙な関西弁なのだ。まるで、丹波屋か越後屋か河内屋か、なんでもいいけど、「おまえも悪じゃのう」みたいな書きぶりなのだ。

 取材を受けた際に、そう言ったか、言わなかったか、と尋ねられたら、確かにそういう言葉は使ったと答えるしかない。ただし、文脈が違う。あるいは省略があるためにニュアンスが異なる。

 あいつ(取材に来た記者のことである)、はめたな、と舌うちしたときに、養老孟司先生のお言葉を思い出した。

 取材なんかで、そんなふうに言った覚えはないとか、そういうつもりで言ったんじゃないとか言う人がいますが、そんなことは意味がない。相手が受け取った通りに言ったんだ、むしろそう思うべきだ。そんな意味の言葉だったと思う。

コメント2

「浮雲校長、アラセが行く!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長