• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

私が体験した「躁うつ病」

大切なのは家族の愛

  • ブルース・ホルコム

バックナンバー

2007年6月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その患者にとって、日の出が誰よりも暗く見え、夕焼けが誰よりも美しく見えるといわれる病気があります。

 病気の名前は双極性障害(bipolar disorder)といいます。一般的には躁うつ病と呼ばれています。厳密にいうと分裂病などのような精神病ではなく、気分障害に分類されるものです。常にこの人は病気であるという明確な症状や痛みがあるわけではないので、外から見て病気だとわかりにくい病気です。

 しかし、躁うつ病患者の鬱状態と躁状態の行動は、家族あるいは近しい周りの人にとっては、まったく別人のように映ります。骨が折れていると同様に、感情が壊れてしまっているからです。本人にとっては、両方の気分がまったく違うと感じることはできても、両方が自分の一面であるために、自分をそこまで客観的に見ることができないのです。配偶者や恋人が、自分はまるで2人の別人と一緒にいると感じても、無理もないのです。

 毎日の生活の事情によって、誰もが喜んだり悲しんだりして生きています。躁うつ病患者の場合は、気分が盛り上がる度合いと落ち込む度合いが、異常に強く、ハンパではないのです。そして本人は必ずしも気分の変化の原因について心当たりがなく、はっきり言って分からないのです。

 あたかもお天気のような自然現象で、本人にはコントロールすることができません。躁うつ病患者の病前性格は、典型的に明るく社交的で活動的です。ですから、病気であると認識せずに、プラスもマイナスも激しい性格なだけと思ったまま、周りに大きな迷惑をかけたり、場合によっては大きな成果を生んだり、極端になる傾向があっても、社会生活を送り続けることは可能です。

 非常に厄介なのは病因や脳内の病態がまだ十分に解明されていないことです。双極性障害と診断される人の3分の2以上は、近親者の中にも同じ病気あるいはうつ病になっている人がいます。それで遺伝子による病因についての研究が進められています。

 しかし、一卵性双生児の研究が示すように、遺伝だけではなく病因は本当に様々のようです。現在は生理学的な病因が把握されていないために、躁うつ病は症状や病気の推移あるいは家族の病歴からしか診断できません。いろいろな検査の結果を参考にしながら診断するという方法は取ることができません。

 症状は実に多様です。うつ状態の場合は、脳が明るい情報をどうしても受け付けないのです。青空の日でも世の中が真っ暗に見えます。体が非常にだるくなります。朝起きる気にならず、無理やり起きてもよくベッドに戻ります。毎日十何時間も寝る時期もあります。

 家から出るのがいやになるので、引きこもります。普通に判断力のある日もあれば、ほんの小さなことでも判断できなくなる日もあります。右に曲がるか左に曲がるかでさえ、決められないのです。

 当然作業能力が著しく低下します。自信をなくして自己嫌悪に陥ることもあります。性欲や食欲などあらゆる欲望もなくなります。まるで無気力になります。自分がただの怠け者ではないかと疑いはじめます。こんなにむなしい生きがいのない人生なら死んだほうがいいと思うこともあります。実は躁うつ病で悩んでいる人の自殺率は、一般人の10倍ないし20倍多いと言われています。

「生きる~ニッポンの風に吹かれて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長