• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「良心」が介護業界で働く若者を酷使する~『働きすぎる若者たち 「自分探し」の果てに』阿部真大著(評:澁川祐子)

生活人新書、700円(税抜き)
~評者の読了時間:2時間45分

  • 澁川 祐子

バックナンバー

2007年7月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント3件コメント/レビュー

「俺が若い頃は」おじさんより、良心的な若者は働いているのではないか。おじさん世代は働けば働いただけ残業代がつき収入が増えただろうが、今の若者の場合は残業代がつかない方が多い。また努力しても報われない。モチベーションは下がる一方です。(2007/07/12)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「俺が若い頃は」おじさんより、良心的な若者は働いているのではないか。おじさん世代は働けば働いただけ残業代がつき収入が増えただろうが、今の若者の場合は残業代がつかない方が多い。また努力しても報われない。モチベーションは下がる一方です。(2007/07/12)

介護業界だけでなく、対人援助的な仕事はみんなこういう状態に陥る危険があります。「誰かの役に立つ仕事がしたい」という言葉を中学生や高校生などからもききますが、こういう姿勢はいいようでいて危険なものもはらんでいると思います。一歩ひいて労働を見る目を持つ、そういうことが必要です。自己犠牲というのは、人にある種の陶酔感を与えるために危険(私は誰かのためにこんなに懸命になっているのだ、素晴らしい、という具合に)なのです。利害損得だけというのも寂しいけれど、仕事から利害損得が抜け落ちてしまうと、それはどこか間違っている、と肝に銘じるべきですね。(2007/07/12)

こういう話になると、すぐおじさんたちは、「俺が若い頃はもっと働いたもんだ」的批判をくりだすんだけど、違うんだよね。将来への希望があるのとないのとでは。(2007/07/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授