「「生涯現役」という生き方」

「弱いってことは、強いってことじゃないかしら」

宮城まり子 ―― ねむの木学園校長、女優・歌手 

  • 大熊 文子

>>バックナンバー

2007年7月26日(木)

1/2ページ

印刷ページ

NBオンライン: 団塊の世代は、退職後の身の振り方に悩んでいます。仕事をしたいけれど、働き口があるか、というのが心配の最たるものです。

ねむの木学園校長、女優・歌手、宮城まり子氏

ねむの木学園校長、女優・歌手、宮城まり子氏 (写真:清水 盟貴、以下同)

宮城: ねむの木でも、人を募集することがあります。重視するのは、その人その人のお人柄。でもね、いろんな人と仕事をしてみると、世代ごとの特徴があるって気づく。60歳以上の人は体力が許すならとっても安心です。45歳以上の人も採用したい。

 仕事を任され始めた30歳前半の人と一緒に仕事をして感じるのは、「自分がすべてをやったように考えているみたい」ってこと。手柄を立てないといけないと思っているみたい。男性よりも女性に強く感じちゃうんだけど、そうしないと評価されないのかしら。世の中そんなに競争ばかりなの? そういう人ってなんだが厚かましくみえちゃったりするなぁ。

 30歳より年の若い人は、言葉が少ないのが気になる。「そう思います」「違います」って自分の意見を話したがらない。そんなふうに、感じませんか?

 はっきり「こうするのがいいと思います」って言っちゃったら、自分の責任になって自分の点数にかかわってくるとか、失敗は絶対にダメと思っているから言葉がなくなるんでしょ。「あの時は、大丈夫だって言いましたけど、よく考えたらできません」って素直に言える環境が欲しいな。

 それにしっかり考えて、努力して、それで失敗したなら上の人は「言っていた通りにはうまくいなかったな。今回のことは勉強になったか? こうした方がよかっただろう」というふうに、失敗からしっかりと学ばせて、その後は許してあげなきゃ。そうすれば、お互いがレベルアップしていくのにね。そうやって、下の人を励ましながら育ててきた人なら私は、一緒に働きたいわ。

 団塊の世代の方は、60歳になるまで一生懸命仕事をしてきたんでしょ。経験を積んできたのよね。今までと、同じ仕事は見つからないかもしれないけど、お仕事を通してお勉強して伸ばしてきたところが生かせるような職場はきっとあるはず。銀行にお勤めだった人と、メーカーにお勤めだった人では、やっぱり雰囲気が違っていて、その人なりの歴史があるんだから、それを大切にすべきよ。

「あなたに読んでほしい」吉行作品を短編集に

―― まり子さんがお選びになった吉行淳之介さんの短編集が発売されますね。

宮城: 7月26日は、淳之介さんのお命日。13年前、「著作権の2分の1をまり子に贈与する」と遺言を残して淳之介さんは旅立っていきました。

『宮城まり子が選ぶ 吉行淳之介短編集』

『宮城まり子が選ぶ 吉行淳之介短編集』

 その後、私自身もガンの告知を受け、抗ガン剤治療をして、病気のことが落ち着いた後は休む間もなくすぐに仕事に戻って、本当に目が回るほど忙しい。そんな中、ねむの木設立40年記念イベントの構想を練りながら、発行の準備をし始めたんですけど、しんどかった。

 280ある吉行さんの作品を、忘れないようにいつも読み返しているんです。でも単行本に収める13編だけに絞るとなると大仕事。だって吉行さんの小説はどれを取ってもとってもいいんだもの。

 今年の3月に26作品まで絞ったらその後、削れなくなっちゃって、やっとの思いで、それこそ血を流すような思いで、13編にした。『宮城まり子が選ぶ 吉行淳之介短編集』に収録したのは「私の大好きな作品を、あなたに読んでほしいな」ってそんな気持ちがこもったものばかり。

 冒頭に収録したのは、「驟雨」。この作品は、私たちが出会う前に書かれたもの。芥川賞を受賞して、淳之介さんが作家一本でやっていくって決意した記念すべき作品です。

 今回短編に絞ったのは、吉行さんを知らない若い読者が、まず短編に触れて、そこから長編やエッセイなどに手を伸ばしていってもらうように。

 赤い装丁にしたのは、「素敵なご本ね」と言いながら、女性が手に取るように。淳ちゃんはたくさんの女性にモテた方がいいのよ。

作品を選ばせていただいたのは、うれしいのと同時にとっても怖い感じ。

 私は、一つ屋根の下に住んで妻と同じように過ごしてはいましたけど、妻ではないでしょ。恋人で一生終わった私がこんなことをしてもいいのかな、思い上がりじゃないかな、という思いが心にひっかかっている。

 でも、吉行淳之介の作品はずっと生き続けてほしいし、私には吉行淳之介という作家の素晴らしさを伝える責任がある。

 この本の中には恋愛小説がいくつも入っています。吉行淳之介は小説家であって、私小説家ではありません。だから、私と淳ちゃんのことを書いたんじゃないんですよ。このことは念のために。

 いなくなって13年たっても、私は吉行淳之介さんを愛しているのよ。私は淳之介さんの存在を常に感じていたいの。この本は淳ちゃんへの愛のかたまり。

 まだ、良い作品がいっぱいある。だから、もう続編の計画もしているの。

ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。



関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

コメントを書く

コメント[0件]

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事