• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『ポスト・ヒューマン誕生』、不老不死はすぐそこに!?

アメリカ人の未来予測力に圧倒されてみようではないか

  • 麻野 一哉

バックナンバー

2007年8月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ポスト・ヒューマン誕生

ポスト・ヒューマン誕生』レイ・カーツワイル著 NHK出版 3000円(税抜き)

 とてつもなく面白く、あまりにも荒唐無稽で非常識な内容。常識ある大人としてはまったく対処に困る。気軽に感心するのは軽率な気がするし、かといって頭から否定するのもつまらない。

 この本の趣旨は2つ。「GNR革命が進む」と、「技術の進歩はどんどん加速し、近い将来には特異点を迎える」というもの。GNRとは、遺伝学(genetics)、ナノテクノロジー、ロボット工学の頭文字で、これらの3つの技術が発展し、人類社会が大きく変わることを「GNR革命」と呼んでいる。

 では「特異点」とは何か。それは、進歩の加速が段違いの状態に入るポイントのことを指す。

従来の経験則が通用しなくなるポイント、「特異点」

 とかく人というのは、自分の経験の枠内で物事を考える。だから、今までの進歩の仕方の延長線上で未来も考えてしまう。人類は、農業を始め、文字を手に入れ、産業革命を起こし、コンピューターを手に入れた。この速度がそのまま続くとして、「ふつうに」思い描ける未来像というものがある。たとえば、50年後くらいに宇宙ステーションが完成し、月旅行が当たり前になっているだろうとか、医療の発達で平均寿命が120歳を超えているとか、そういう未来だ。

 しかし、そんなのは甘い、大甘だ、と著者レイ・カーツワイルは主張する。

 進歩は加速する。未来についても加速度というものを考えないといけない。進歩が加速度的に進むと、あるポイントでクンと早くなる。グラフの形でいうと、左右が逆になったL字型だ。最初はほぼ水平に近い右肩上がりでのびてきた線が、あるポイントから垂直に近い線に変わる。その曲がり角を著者は「特異点」と呼ぶ。

 車でいうと、ずっと時速30キロじゃないのだ。30が60になり、60が90になる。いや、加速度自体が加速しているのだから、60が100になり、100が150になり、やがて時速1万キロを超える(1万キロなんて、そんな子供みたいな表現といわないでください。この本の中には、そんな途方もない数字ばかりでてくるんです)。

 著者が予言する人類の未来はこうだ。

コメント5

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長