• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『政党が操る選挙報道』鈴木哲夫著(評:小田嶋 隆)
~踊るテレビに踊らされるな

集英社新書、700円(税抜き)

2007年7月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『政党が操る選挙報道』

政党が操る選挙報道』 鈴木哲夫著、集英社新書、700円(税抜き)

評者の読了時間2時間30分

 2005年の総選挙における自民党の圧勝について、メディアは「小泉劇場」という4文字を提示するのみで、それ以上の説明を放棄した。

 つまり、あの選挙が「劇場」だったということは、オレら投票者は田舎芝居にひっかかったバカな野次馬だったということなのか? 仮に、あの選挙がイメージ先行の、プロパガンダ満載の、出来レースのシナリオ進行だったのだとして、だ。

 でも、そのシナリオを一押しにしていたのは、何よりもまず、あんたらメディアだったはずで、だとしたら、そのメディアの中にいる当事者であるキミたちが、「小泉劇場」なんていう無責任な言葉を使って有権者にケツを持っていくのは、職業倫理にもとるんじゃないのか? ストリップ小屋の経営者が観客の好色をなじるのと同じで、そもそもが、スジ違いの批判ではないか?

 私は、あれ以来、「小泉劇場」報道に、以上のような違和感を感じていたのだが、それについて、本書はひとつの答えを提示してくれている。

興行主は誰だった?

 つまり、「小泉劇場」は、メディア主導の劇場ではなく、あくまでも自民党のコミュニケーション戦略本部(以下「コミ戦」と略す)が綿密にシナリオを書いて実行したひとつの大当たり興行だったというのだ。メディアもまた踊らされていたのであり、単においしいネタに飛びついただけのつもりでいるワイドショーや、きちんとした政策批判を展開したつもりでいたニュースショーも含めて、すべては、脇役だった、と。

 著者の鈴木哲夫は、ずっとテレビ畑で報道の仕事にたずさわってきたベテランのテレビマンなのだが、その鈴木は、選挙後に、自民党のコミ戦で陣頭指揮を執った世耕弘成議員を取材して、愕然としたのだという。オレらは、要するに操られていたんじゃないか、と。それほどに、世耕が展開した戦略は見事だった。そしてまた、選挙後に、自らの手の内を語るにあたって、世耕は驚くほど率直だった。

 というわけで、本書の前半部分は、ほとんど「世耕弘成物語」の様相を呈することになる。経歴を追うところからはじまり、広報マンとしての手腕や業績について、かなりの紙幅を割いている。

コメント7

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

「『政党が操る選挙報道』鈴木哲夫著(評:小田嶋 隆)
~踊るテレビに踊らされるな」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長