• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『偽装請負 格差社会の労働現場』 朝日新聞特別報道チーム著(評:福地 誠)
~コムスン問題の遠因

朝日新書、700円(税抜き)

2007年7月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『偽装請負 格差社会の労働現場』

偽装請負 格差社会の労働現場』 朝日新聞特別報道チーム著、朝日新書、700円(税抜き)

評者の読了時間2時間21分

 規制緩和が進むことで急速に膨張した市場では、未成熟ゆえの問題も起きやすい。そんな新興市場を行政がろくにチェックせず、トラブル発生後も黙認していたとしたら…。

 この10年、大きく揺れ動いた雇用・労働という領域で、そんな恐れが現実となった。それが「偽装請負」だ。

 偽装請負とは、業務の実態は「派遣」でありながら、「請負」であると偽装することだ。「派遣」は人材を供給するもので、「請負」は業務の委託を受けるもの。具体的には、業務を委託された請負会社の社員が現場指揮を執るなら正しい「請負」だが、人材だけ派遣して現場指揮をクライアント社員が執るなら「偽装請負」となる。

キヤノン、松下、トヨタが俎上に

 2004年3月まで、労働者の使い捨てを防ぐため製造業では人材派遣が禁止されていた。しかし、不況のなかで多くの企業は偽装請負に手を染めていく。雇用調整、安全管理、社会保険などの面で、企業にとってじつに都合のいい形態なのだ。歯止めとなるべき行政も、雇用が空洞化するよりマシだろうと黙認していた。

 状況を大きく変えたのは、2006年7月から始まった朝日新聞の「反偽装請負キャンペーン」だった。一面トップでキヤノン、松下電器産業、トヨタ自動車などをつぎつぎと名指しで告発し、行政もようやく重い腰を上げることになった。その特集をまとめたのが本書である。

 読ませるのはキヤノンの章だ。御手洗冨士夫会長は経団連会長も兼ね、政府の経済財政諮問会議の民間議員でもあった。公の場では終身雇用制の維持を主張し、家族的経営の利点を説いた御手洗氏だが、裏では積極的に派遣や請負を活用していた。かつていた期間工はすべて派遣や請負に切り替えられ、請負で10年以上働いている者すらいたのである。にもかかわらず、度重なる行政からの勧告にも態度を改めようとせず、マスコミからの追及に対しても、いまの法制度は現実的ではないと平然と主張した。

コメント3件コメント/レビュー

明治維新以後、爆発的に増えた人口の抑制にやっきになって海外移民や北海道開拓等をやってきた日本政府は戦争をして口減らしを行った、と私は思うバブル後、人口抑制に成功し(日本政府が発表した)、高齢化に伴う労働力不足から、中国ヘッドスネーク等の不法就労労働力を日本政府が黙認してきた為、安価な外国人労働力を容認する下地が出来てしまった。結果は日本人の弱者、若者を極貧労働者にしてしまった。国策でやってきたのを知っていた労働組合や労基局の後押しがあって今日の状況があることを忘れてはならない。そして、正社員になれない負け組みは自衛隊や将来は徴兵制で吸収しようとするのだろう。低賃金政策の目的は、将来の徴兵制の為の地ならしの役目を持っている。最近、殺人事件やピストル事件等の発生で治安が悪化しているが、国内にいても海外へ派兵で行こうが同じだ。とならないと誰も徴兵にはいかないので、政府が政策で治安まで悪化させている。今後更に悪化させないと徴兵制は無理だ。また、全国の社長業の人にとって賃金は安い方が良いに決まっている。賃金を支払わないと社長業はとても楽になると豪語する人もいる位だ。(2007/08/03)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

明治維新以後、爆発的に増えた人口の抑制にやっきになって海外移民や北海道開拓等をやってきた日本政府は戦争をして口減らしを行った、と私は思うバブル後、人口抑制に成功し(日本政府が発表した)、高齢化に伴う労働力不足から、中国ヘッドスネーク等の不法就労労働力を日本政府が黙認してきた為、安価な外国人労働力を容認する下地が出来てしまった。結果は日本人の弱者、若者を極貧労働者にしてしまった。国策でやってきたのを知っていた労働組合や労基局の後押しがあって今日の状況があることを忘れてはならない。そして、正社員になれない負け組みは自衛隊や将来は徴兵制で吸収しようとするのだろう。低賃金政策の目的は、将来の徴兵制の為の地ならしの役目を持っている。最近、殺人事件やピストル事件等の発生で治安が悪化しているが、国内にいても海外へ派兵で行こうが同じだ。とならないと誰も徴兵にはいかないので、政府が政策で治安まで悪化させている。今後更に悪化させないと徴兵制は無理だ。また、全国の社長業の人にとって賃金は安い方が良いに決まっている。賃金を支払わないと社長業はとても楽になると豪語する人もいる位だ。(2007/08/03)

「規制緩和」の初期の反社会的行為の跋扈という捉え方はそのとおりと思います。「日本は現状を優先し、未来を捨てるのだろうか。」の部分ですが「現状を優先し、未来を捨てた」のは国民や政府の総意や賛同があってのことではない。国民が強く支持した小泉改革が掲げたものとも明らかに違う。追及すれば当事者が明らかになるような不正行為や汚職=常識で考えれば犯罪に近い類のものではないでしょうか?当事者たちに日本に対する善良な同胞意識は無いと思う。[日本」を主語にすると結局、同じことが同じ次元で繰り返される気がします。(2007/07/28)

 一つだけ疑問。この問題って朝日新聞が追求を始めたんでしたっけ? 追求をしたろうけど、某野党や中小新聞が追求して、安全だと分かってから跡をついてきて、さも自分が始めた様な顔をしてただけの様な気がしますが。(2007/07/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長