• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

『「タバコは百害あって一利なし」のウソ』 武田良夫著(評:速水健朗)
~禁煙は、国策であるべきか?

洋泉社 新書y、780円(税抜き)

  • 速水 健朗

バックナンバー

2007年7月30日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『「タバコは百害あって一利なし」のウソ』

「タバコは百害あって一利なし」のウソ』 武田良夫著、洋泉社 新書y、780円(税抜き)

評者の読了時間2時間30分

 最近はオフィスや交通機関など公共スペースでの禁煙化が進み、愛煙家は隅に追いやられる一方だ。

 本書は、タバコがこのようなバッシングを受けるに至った経緯をまとめたもの。前半ではここ四半世紀における喫煙者の受難の歴史をまとめ、後半ではピューリタニズムから始まるもっと大きな嫌煙の歴史に触れる。

 読みどころは、「受動喫煙」「ニコチン依存症」「社会コスト論」という3つのキーワードが、喫煙バッシングの「態度形成に大きな影響を与えた」と論じる前半部分だ。

 著者は「受動喫煙」の健康被害との関連は「科学的に評価することはきわめてむずかしい」にもかかわらず、7割近くの人たちがそれを「科学的に十分証明されている」と誤解している点を指摘。また、ニコチンにドラッグのような強い依存性があるという一般に信じられている説に対しては、海外の学者の説を取り上げて反論する。

喫煙者バッシングは許されてしかるべき?

 そして、喫煙が「医療費の上昇」に「拍車をかけて」おり、火災などの被害にもつながるため、大きな経済的負担になっていると喫煙者を批判する「社会コスト論」に対し、「試算する人によって結果の数字が大きく異なってくる」「とても偏った理屈」と批判する。

 これらの論を展開するにあたり、著者はさまざまな学説や論文、疫学のデータなどを用いているが、その多くは、“嫌煙論者”には素直に受け止められないはずだ。事実、反論の余地は多い。喫煙・嫌煙問題で科学的根拠の話をすると、往々に神学論争となってしまう。

 タバコに関する研究論文は世界中で書かれており、すべてに目を通すのは難しい。また、どの学者がどちらの陣営か(たとえば、喫煙陣営のタバコ会社か、嫌煙陣営のWHOか)などということも問題とされ、キリがないし結論も出ない。

 著者はそうは言わないが、もはや世界の先進国の動向から見ても、喫煙の自由が制限される流れが加速するのは自明の理。そこはいかんともしがたい。しかし、だからといって喫煙者が理不尽にバッシングされていいという理屈にはならない。著者が示す3つのキーワードを、喫煙者のバッシングのされかたの変容として捉えるならこうなる。

コメント40件コメント/レビュー

近所の酒屋が立ち飲みカウンターを廃止し店内禁煙にした。すると入り口でポイ捨てが急増したので、入店者がそこで煙草を消せるように灰皿を置いた。すると通りすがりの酒屋に用がない喫煙者が集まってきて煙草を吸うスポットになってしまった。店主は灰皿を大型のものに変えたが周囲の店から非難轟々だという。これは最近よく見る光景だ。通勤時や昼時にはコンビニの前には必ず数人のサラリーマンが集まって喫煙している。路上喫煙禁止の千代田区では喫煙者が児童公園に灰皿を集めて殺到し、公園中に煙が立ち込め児童が遊べない状況だという。灰皿のある場所はすべて喫煙所と認識して寿司屋であろうがカウンターのラーメン屋であろうがここを先途と吸いまくる。これが喫煙者の言う「最近肩身が狭くなった世の中」の実情である。煙草を巡る論争は常に喫煙者と嫌煙者の間でなされるがこれは無益である。薬物中毒で道徳心が麻痺した者と実り多い議論が可能だろうか。実際に喫煙者はインモラルな輩が多い。歩道のポイ捨て吸殻を見れば一目瞭然だ。先日は牛丼屋で紅生姜の蓋を灰皿にしているものがいた。大鳥居の吉野家である。(2008/07/02)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

近所の酒屋が立ち飲みカウンターを廃止し店内禁煙にした。すると入り口でポイ捨てが急増したので、入店者がそこで煙草を消せるように灰皿を置いた。すると通りすがりの酒屋に用がない喫煙者が集まってきて煙草を吸うスポットになってしまった。店主は灰皿を大型のものに変えたが周囲の店から非難轟々だという。これは最近よく見る光景だ。通勤時や昼時にはコンビニの前には必ず数人のサラリーマンが集まって喫煙している。路上喫煙禁止の千代田区では喫煙者が児童公園に灰皿を集めて殺到し、公園中に煙が立ち込め児童が遊べない状況だという。灰皿のある場所はすべて喫煙所と認識して寿司屋であろうがカウンターのラーメン屋であろうがここを先途と吸いまくる。これが喫煙者の言う「最近肩身が狭くなった世の中」の実情である。煙草を巡る論争は常に喫煙者と嫌煙者の間でなされるがこれは無益である。薬物中毒で道徳心が麻痺した者と実り多い議論が可能だろうか。実際に喫煙者はインモラルな輩が多い。歩道のポイ捨て吸殻を見れば一目瞭然だ。先日は牛丼屋で紅生姜の蓋を灰皿にしているものがいた。大鳥居の吉野家である。(2008/07/02)

>喫煙が、悪性腫瘍のみならず肺気腫等呼吸器疾患、動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)に有意に関連していることは統計学的に既に確立された事実科学的に証明されていないのに、事実とは・・・・あきれますね。嫌煙派の宗教じみた態度には恐ろしいものがあります。タバコの次は何を標的にするのでしょう。捕鯨も反対しそうですね。あの団体に似ています。(2008/06/09)

>喫煙が、悪性腫瘍のみならず肺気腫等呼吸器疾患、動脈硬化性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)に有意に関連していることは統計学的に既に確立された事実科学的に証明されていないのに、事実とは・・・・あきれますね。嫌煙派の宗教じみた態度には恐ろしいものがあります。タバコの次は何を標的にするのでしょう。捕鯨も反対しそうですね。あの団体に似ています。(2008/06/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員