• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お手本のNZでは国営企業が復活~『民営化で誰が得をするのか 国際比較で考える』
石井陽一著(評:荻野進介)

平凡社新書、700円(税抜き)

  • 荻野 進介

バックナンバー

2007年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『民営化で誰が得をするのか 国際比較で考える』

民営化で誰が得をするのか 国際比較で考える』 石井陽一著、平凡社新書、700円(税抜き)

評者の読了時間1時間35分

 いつの時代も世の中には誰もが表立って反対できない“錦の御旗”が存在する。今の時代、その“御旗”のひとつが「民営化」だろう。

 一昨年9月、小泉前首相が乾坤一擲の勝負に出、前代未聞の勝利に終わった、いわゆる郵政民営化一点選挙が記憶に新しいが、最近は「社会保険庁は民営化して一から出直せ」という声もかまびすしい。

 本書は、民営化とは何か、なぜ必要なのか、そのメリットならびにデメリットは、といった問題を、世界の実例をひもときながら解説した入門書である。入門書といっても、ぴりりと辛い“わさび”が随所に練り込まれている。

 著者はまず、一口に民営化といっても、動機や事情はさまざまであり、手法も千差万別であることを示す。例えば手法ひとつ取っても、直接売却型、株式公開型、経営陣や従業員に売却するMBO(Management Buy-out)型といった「所有移転型」と、一定期間の運営を民間に委託する「コンセッション型」の2つがある。日本では後者の形の民営化の例はまだ少なく、所有移転型のうち株式公開型が民営化の典型と見られている。

国鉄民営化は「偽装破綻」?

 続いて日本の民営化の歴史を振り返る。俎上に載せるのは、直近の郵政と道路公団であり、さらには国鉄、電電公社、専売公社といった1980年代の事例である。このうち特に、郵政と道路公団、それに国鉄の民営化に厳しい目を向ける。

 郵政と道路公団の民営化がなぜ問題なのかといえば、どちらも「なぜ民営化が必要なのか」という理念が不明確なまま、「構造改革」という美辞麗句にくるまれ、強引な政治の力で民営化が進行しているからだ。

 国鉄民営化については、主導者である中曽根元首相が、本来の目的は国労や総評、さらには最大野党の社会党つぶしだったことをマスコミに明かしており、動機が不純であること、もともと国鉄の経営破綻は資産価値を低めに評価した偽装破綻であった疑いもあることなどを指摘し、かなり批判的である。

 そして、ここからがこの新書の真骨頂である。イギリス、ニュージーランド、ドイツといった日本が民営化のお手本としてきた国から、米国、フランス、スペイン、さらには東欧各国、ロシア、中国、ラテンアメリカ諸国まで、世界18カ国の民営化の実情をコンパクトに紹介していく。

 例えば、郵政民営化の模範とされ、日本が真っ先に学ぶべき国とされてきたニュージーランドである。

コメント3件コメント/レビュー

民営化すれば上手くいくとは限らない。そのごく当然の事実を外国の例を引き合いに出して論じているのは、これまで類書がなかったことにむしろ驚く程である。ニュージーランドに限らず、イギリスでも郵便の民営化は失敗に終わっているのに、日本では郵政民営化で与党が大勝利する始末ですから。とは言え、筆者の国鉄民営化に対する評価は厳しすぎると思います。3島会社はともかく本州3会社は優良企業に成長しました。渋谷-横浜の運賃が東横線より高いままであっても、こんなに何十年も値上げしないことはかつての国鉄では考えられませんし、何しろ、渋谷-横浜間には今では東横線より早い湘南新宿ラインが走っているこの便利さは民営化の賜物でしょう。翻って、3島では不採算路線が切り捨てられてしまったのは民営化の負の遺産ですが。こうした細かな点をそれぞれ的確に認識する必要があると思います。(2007/08/20)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

民営化すれば上手くいくとは限らない。そのごく当然の事実を外国の例を引き合いに出して論じているのは、これまで類書がなかったことにむしろ驚く程である。ニュージーランドに限らず、イギリスでも郵便の民営化は失敗に終わっているのに、日本では郵政民営化で与党が大勝利する始末ですから。とは言え、筆者の国鉄民営化に対する評価は厳しすぎると思います。3島会社はともかく本州3会社は優良企業に成長しました。渋谷-横浜の運賃が東横線より高いままであっても、こんなに何十年も値上げしないことはかつての国鉄では考えられませんし、何しろ、渋谷-横浜間には今では東横線より早い湘南新宿ラインが走っているこの便利さは民営化の賜物でしょう。翻って、3島では不採算路線が切り捨てられてしまったのは民営化の負の遺産ですが。こうした細かな点をそれぞれ的確に認識する必要があると思います。(2007/08/20)

 かねがねこうでなくてはという視点から民営化を検討した著作の御紹介だと思います。 しかし、“ 民営化”から20年も経たないとこういう本が出ない・自称経済評論家が星の数ほどいるのに、他にこういう視点を持った人がいないということはどういうことなのかと考えてしまいます。 また読む側も、きっと職場ではこのように冷静な分析をすることを求められているはずなのに、それができないというのはどういうことか(ブームに載って民営化万歳というのみ)。 日常の仕事もできないのか・政治とかをみるときになると、急にマスコミの意見鵜呑みになるのか。 同じように理解に苦しみます(最近の日本の球場を見ると、元々仕事のできない人の集まりが日本人なのかもしれない)。(2007/08/09)

民営化の一番のメリットはなんといっても従業員が労組に過剰に保護されないためにクビをおそれる可能性があることでしょう!つまり国民の税金が国労と国鉄、自治労と社会保険庁。国民の税金を使いながら国民の目に触れないわけのわからない協定のもとクビにされないという特権を握っているわけです。この「労組」という存在をこの著者はわすれてないでしょうか?民営化=サービスの低下で、エビアンの例を挙げていますが、そんな裏取引を日本でやったらバッシングをうけるでしょうし、まずそんな企業は生き残れないでしょう。少なくとも国鉄や電電公社から民営化された会社はサービスが向上していますし!それになによりフランスやアメリカは異常に労組が強いと聞いています。アメリカの自動車産業を見ても明らかなように労組は生産性を下げることに大いに貢献しています。民営化の際は「労組」の存在を抜きには語れないと思います。国鉄民営化を批判的に見ている点で、すでにこの方の視点が労組寄りであるような気がします。これでは改革はムリですよね!(2007/08/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授