• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

虫の世界は、音に満ちている その2

2007年8月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すべての虫は動けば音を立てる。関節構造を見れば、そう考えるのが順当ではないか。前回はそう書いた。それでさまざまな長年の疑問が解決する。そこが私にはとても面白かったのである。

 昆虫のコミュニケーションに音が使われているのは明らかである。セミもコオロギも、うるさくて仕方がない。ほかの虫は黙っているから、静かでいい。そう思うのが、典型的な偏見であろう。自分の耳が悪いだけなのである。自分に聞こえる音しか存在しない。そう思うのが、人間の意識中心主義である。

 それはいいとしよう。私がまず思ったのは、アリの巣はさぞかしウルサイだろうということである。小さな穴のなかに、おびただしい数のアリがいる。それが動き回る。関節が動くたびに音がすると仮定すると、キリキリ、カリカリ、コリコリ、やたらに音がしているに違いない。アリはそれをコミュニケーションに利用しているのではないか。社会性昆虫にとって、コミュニケーションはきわめて重要である。カール・フォン・フリッシュのミツバチについての業績を挙げるまでもない。

 もし音を利用しているとすると、はじめてアリに共生する昆虫の存在が理解できる。私は長年擬態に興味を持ってきた。アリの巣に棲んでいる虫は、しばしばアリにそっくりの形になる。しかし逆に、形がアリにまったく似ていない共生者も多い。

 たとえばオーストラリア大陸には、アリが多い。林のなかの石をひっくり返して歩いたら、すべてアリの巣があったという覚えすらある。そのアリに共生している虫も多い。クイーンズランドの博物館でフィジー島でアリの専門家が採ってきたという、カミキリムシの標本を見せてもらったことがある。アリを採集してきて、博物館で標本にしていたら、アリのなかから、カミキリムシが見つかった。専門家ですら、アリと間違えて、カミキリムシを採ってきてしまったのである。

 オーストラリアに棲むアリには、ブル・アントという原始的なグループがある。多摩動物園の昆虫館で飼っていたから、いまでもあそこにいるかもしれない。このアリに擬態するカミキリムシは、何種かいる。アリとそっくりなやつもいれば、よくよく見ていると、なんだかブル・アントに似てるじゃないか、というのまである。つまり姿や形が似ていてもいいし、似ていなくてもいい。そこが不思議だった。

 似ているものでも、最初にアリの巣にどうして住み着くことになったのか。その理由がわからなかった。あるとき『月刊むし』を見ていたら、クロシジミの幼虫の話が出ていた(と思う)。なにしろ蝶にあまり関心がないし、読んでもじきに忘れてしまう。ウロ覚えで書くと、アリがクロシジミの幼虫を巣に連れて行ってしまう。そういう事例があるというのである。クロシジミはべつにアリに構ってもらう必要はない。アリがいなくたって、ちゃんと幼虫は親になることができる。でもなぜかわからないが、ときどきクロシジミの幼虫はアリに拉致されるのである。

 そのきっかけは音じゃないか。そう私は思ったのである。アリがコミュニケーションに使う周波数の音を、たまたま自分の種内のコミュニケーションに使っている虫がいるとする。そういう虫がアリの巣に住み込んでしまうのは、不思議なことではないであろう。おたがいの誤解の上に、共生関係が始まる。それは人間だって同じかもしれない。美空ひばりは私と同い年だが、離婚するときに、「誤解して結婚して、理解して別れる」という名言を吐いた。虫は誤解してアリの巣に住み着き、理解してそのまま居座っているのではないだろうか。

 アリに対する擬態を、化学的なコミュニケーションだとしても、姿形が似ていない虫がアリの巣に住み着いてもいいことになる。たまたま同じ匂いを出すということである。でもアリの巣で、臭いのコミュニケーションというのは、能率が悪いんじゃないだろうか。あんな穴のなかで、うっかり臭いなんか出したら、臭いがなかにこもってしまうではないか。それを避けるには、空気中でただちに分解されるような、活性の高い物質を分泌するしかない。そういう物質を作るのは、音をつくり出すことに比較したら、コスト高に違いない。そういうフェロモンが論理的にはあってもいいが、それなら音のほうがもっと可能性が高いはずである。

コメント3

「養老孟司先生のタケシくん虫日記」のバックナンバー

一覧

「虫の世界は、音に満ちている その2」の著者

養老 孟司

養老 孟司(ようろう・たけし)

東京大学名誉教授

解剖学者/作家/昆虫研究家。1937年生まれ。62年東京大学医学部卒業後、解剖学教室へ。95年東京大学医学部教授を退官し、その後北里大学教授に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長