• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

夫が妻に捨てられる理由

「性格の不一致」とは「お互いの不機嫌」

  • 山崎 雅保

バックナンバー

2007年8月23日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「冗談じゃない。調停なんて、俺はぜったい出ないからな! バカにするんじゃない」

 N子さんが調停を申し立てたと知った瞬間、夫は怒りをあらわにして激しく反発しました。50代半ばのN子さん。夫は3才ほど年上です。同居していた夫の両親はすでに他界。子ども3人のうち2人は自立し、残っているのは末っ子の大学生のみ。事実上夫婦2人の生活となってから軋み続けている夫婦関係を改善したくて、N子さんは円満調停を申し立てたのでした。

 円満調停。離婚調停ではありません。元の円満な夫婦関係を回復するために話し合いをするものです。そうと知ってもなお、夫は頑固に反発。誰がどれほど説得しても、頑として拒みました。

 夫が反発するだろうことは、N子さんも想定していました。
「あの人、拒絶するでしょうね。けれど私の覚悟を強く示すために申し立てます」

 結果を見れば彼女の戦略は奏功。「高をくくっていたら、今度こそ離婚調停かも知れない」と、夫はN子さんの覚悟を思い知ったようでした。その後も妻に対して嫌味を言ったり不機嫌な態度で接したりする夫の態度は変わりませんでしたが、それでも少しずつN子さんへの配慮を見せるようになりました。

 数年前、N子さんがボクのカウンセリングに訪れた時は、離婚へ踏み切る覚悟でいました。けれどギリギリのところで踏みとどまったN子さんに、ボクは納得しきれない気分でたずねました。

「妻として尊重せず、嫁としての役割だけを要求する。加えて貴女を蔑むことで自分の優位を保とうとする夫。これほどないがしろにされていて、なぜ離婚しないんですか?」

 N子さんの答えは曖昧でした。「子ども達の結婚や就職を考えると、ここで離婚するのは損だから」とも言いました。

 けれどボクは思います。本当のところは夫に対する愛情だったのでしょう。長い歳月1つ屋根の下で暮らした夫に少しでも愛されたくて、結婚生活を諦めることができなかったのだと思います。

 円満調停後のN子さんは、少しでも心地よい夫婦になろうと工夫を重ねています。一方の夫は、十分に反省しているわけではありません。

 N子さんは言っています。
 「遠くはない定年。そのときになっても嫌味で不機嫌な夫のままでいるのなら、離婚します。子ども達がみんな独立した後まで、愛されないまま我慢している理由はありませんから」

 夫婦のアレコレをつづった『未熟な夫』シリーズを上梓して以来、以前にも増して多くの「夫婦の悩み」におつき合いするようになりました。おかげで、ボクは「夫婦という間柄」についてたっぷり考えさせられています。

 当初は呆れました。なんとたくさんの妻たちが夫に幻滅し、離婚を望んでいることか。夫婦間にある“お互い様”の部分を割り引いてみても、ワカランチン過ぎる夫のなんと多いことか。

 「そんな夫だったら、即刻離婚しましょう」
 そう言いたくなっちゃうケースばかりでした。

コメント3

「【シリーズ「定年」】土壇場の「夫学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当の問題は労務費ではありません。 熟練技能を持つ職人さんが 少なくなっていることです。

押味 至一 鹿島社長