• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「大作RPGで徹夜」はもうなくなる?

2007年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」…一世を風靡し、ユーザーに幾晩もの徹夜を繰り返させた大作RPGのビジネスが、大きく変わろうとしています。

 その予兆はいたるところに現れています。たとえば、Wiiのソフト販売数です。

 「Wii Sports」や「はじめてのWii」「マリオパーティ8」などの、テレビの前にいる大勢が楽しめる気軽なソフトが大躍進を遂げている一方、「ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス」や「ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の搭」などの、1人で腰を据えて楽しめる大作ゲームのシリーズ最新作には、そこまでの勢いがありません。

 そして一方で、携帯ゲームの好調は続いています。ニンテンドーDSの爆発的な普及は説明するまでもないでしょう。プレイステーション(PS)陣営に目を移しても、PS3やPS2で目立ったスマッシュヒットが出ていない一方、携帯ゲーム機のPSPでは「モンスターハンターポータブル」シリーズがミリオンセラーを突破。数年前までとは、まったく違う販売データが出てきています。

 これらの予兆から読み取れる時代の変化は、誰の目にも明白でしょう。

 「昔ながらの、1人でじっくりと腰を落ち着けて遊ぶゲーム」は、もはや据え置きゲーム機ではヒットしにくい時代になっている、ということです。

じっくり型のゲームは、むしろ携帯ゲーム機へ移行する

 ヒットゲームのシリーズ最新作が発売されれば、それが遊べるゲーム機の売れ行きが伸びる! ――という予想記事を、いまでも見かけることがあります。しかし、そんな時代は、そろそろ終わりです。

 かつてテレビゲームは「テレビの前に腰を据え、1人でじっくりと遊ぶもの」でした。このため、長時間にわたって没頭できるゲームは、優れたゲームだと評価されました。「大作RPGの最新作が発売される!」といったニュースが、ゲーム機のシェア争いに大きな影響を与えたのは、そんな時代ならではの論理にすぎません。

 時代は変わりました。ユーザー層が幅広くなった昨今、テレビの前に腰を据え、1人でゲームをじっくりと遊べる環境にある人は、少数派になりつつあるのです。これにより昔ながらの大作ゲームは、かつてほどの牽引力を持たなくなりました。

 昨今では、年齢性別を問わず、ユーザーは携帯ゲーム機を所有しています。となれば、じっくりと楽しみたいゲームは、どこでも電源を入れることができ、場所を選ばずに楽しめる携帯ゲーム機を主戦場にしていくのは、ごく自然なことです。いつでも音楽を浴びていたい人が携帯型プレイヤーを愛用し、活字中毒の人がつねに本を持ち歩くのと同じことですね。

 じっくり型のゲームが携帯ゲーム機で遊べるようになれば、家族みんなの憩いの場であるリビングルームにあるテレビ(の脇にある据え置きゲーム機)を長時間占有する心苦しさからも解放されるわけですし、粘りまくって徹夜ということも減るかもしれません。ベッドの中でやってしまう人は出そうですが…。

 ともあれ、据え置きゲーム機は、じっくりと遊ぶゲームにはむしろ適さないマシンであることが、共通認識として広がりつつあるように推測されます。

従来型ゲームは過去の名作にも勝たねばならない

 この傾向に拍車をかけていくのが、ゲームソフトのオンライン販売です。

 昨今の据え置きゲーム機は、過去のゲームをオンラインで購入し、すぐにプレイ可能です。たとえばWiiでは、ニンテンドー64、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジンの名作ソフトが500~1000円で購入可能。タイトル数は180タイトル前後にのぼります。これは他ハードも同様であり、Xbox 360はLiveアーケードでソフトを販売。PS3もオンライン専用配信ソフトを販売しています。

コメント7件コメント/レビュー

リビングのテレビを占拠する心苦しさなんていうのは子供の時だけだと思います。いい年になったら、もうチャンネル争いなんてしたくないですから専用のテレビくらい持つでしょう。(2007/11/20)

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「大作RPGで徹夜」はもうなくなる?」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

リビングのテレビを占拠する心苦しさなんていうのは子供の時だけだと思います。いい年になったら、もうチャンネル争いなんてしたくないですから専用のテレビくらい持つでしょう。(2007/11/20)

大作ソフト(画像や音楽の向上による)はもう飽きられているのだと思います。WiiやDSのソフトで売れているのはアイデア(発想)のゲームが大半です。しかし、大作ソフトもアイデアによって本当に面白いソフトが出れば売れるとも思います。アイデアの向上ではなく技術力の向上では消費者にとって魅力がないのだと思います。(2007/10/02)

これまた「にわかが表面だけで語る」ような記事だ。これは多くの複合的問題の結果であって記事のように単純では無い。おおよそ大きいほうからいうと、・まとまった時間が取れない生活スタイルが増えた(大作ほど自分が何してたっけ?や、途中終了しにくい切りの悪さがある)。・携帯系他細切れの空き時間を埋めるライバルの登場。・ゲームに割くお金が他に比べ出しにくいモデル(都度少しずつ自動徴収される物には抵抗が小さい)。・大作ほど映像や音楽その他演出にこだわって、ゲームとしてテンポが悪い(遅い)、直ぐに売られることを避けるために作業を要求する冗長さによって、ユーザーはそんなに楽しめない事を感じた。等があるでしょうか。もっと細かい事や他の事情による結果等もあるだろう。大作出すには国民的に普及したハードが必要であること(売り上げ現実問題の帰結)などからして、今は携帯ハードの方が纏まった時間がとりやすい事もあって土壌として相応しくあり、携帯ハードで「大作RPGで徹夜」をする事になるでしょう。(2007/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長