• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

エディット・ピアフ~シャンソンそのものを生きた愛の生涯

自分を生きた女たち(1)

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2007年8月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』 配給:ムービーアイ 今秋、有楽座ほか全国ロードショー www.piaf.jp (C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED

『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』 配給:ムービーアイ 今秋、有楽座ほか全国ロードショー www.piaf.jp (C)2007 LEGENDE-TF1 INTERNATIONAL-TF1 FILMS PRODUCTION OKKO PRODUCTION s.r.o.- SONGBIRD PICTURES LIMITED

エディット・ピアフ(シャンソン歌手)
1915年生まれ。フランスのシャンソン歌手、作詞家。9歳で街頭で歌い始める。17歳で女児を出産するが、娘は2年後に病死。35年デビュー。20世紀の歌姫として国際的に成功をおさめる。その生涯は自動車事故、麻薬中毒、恋愛スキャンダルなど、波乱に満ちていた。小柄な体から湧き出るような歌声は聴衆を魅了。「バラ色の人生」「愛の讃歌」などの名歌、名唱がある。イヴ・モンタン、シャルル・アズナブールなど多くの才能を見出し、育てたことでも知られる。63年、47歳で没する。映画「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」がこの秋、全国で公開される予定。

 パリの歩道で生まれた子ならたくさんいるだろう。でも生年月日と生まれた時間まで正確にいえる、歩道に生まれた子はほとんどいないはずだ。

 では正確に誕生の日付を。1915年12月19日午前3時がそのとき。この時間に、後のシャンソン歌手エディット・ピアフは生まれた。これは伝説だ、という人もいる。でも、路上でこのように生まれた、というのはエディットにふさわしい語り伝えだ。

 事実、エディットは後に回想して、「朝の3時だったけど、おふくろさんのお腹から出たほうがいいものかどうか、考える暇なんかなかったわ」。

 出てきた本人が言うのだから、これほど正確な誕生記録はあるまい。女房が産気づいたので親父のルイ・ガションはあわてて巡査を呼びにいった。巡査は冬用のコートを広げた。そこにエディット・ピアフが出てきた。コートを広げた場所は、パリ、ベルヴィル街72番地。エディットの誕生を祝ったのは、まだほの暗い早朝の街路を、淡く照らしている1本の街灯のみ。

 当時は第一次世界大戦のまっただ中。当時イギリスからドイツに送り込まれ、誕生の2日前に銃殺された英雄的女スパイ、エディス・キャベルにちなんで、街灯の下で生まれた女の子はエディットと名付けられた。この名前ならきっと有名になる、と母親は言ったという。

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員