• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オレは未熟な夫なのか?

  • 山崎 雅保

バックナンバー

2007年9月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回も触れた拙著『未熟な夫』シリーズは女性諸氏に好評です。

 けれど、そうであれば当然なのかな、男性諸氏にはおおむね不評。その理由の1つは、巻頭の「あなたの夫の未熟度テスト」かもしれません。「このテストでチェックした結果がコレコレだった、そんな夫とは離婚したほうがよいですよ」ってなことまで書いちまったんだからなおさらです。

 と、そのような前振りのあげくに言うのもナンですが、ご興味があるならば以下のチェックをしてみませんか?「未熟な夫度自己チェック」です。ほらほら、ムッとしてないで、やってみると案外おもしろいですよ。

【未熟な夫度自己チェック】

Q1 妻が外出していて家に独りになっても、ことさら不便はない。自分には自分の楽しみがあるので退屈もしない。

Q2 妻とのたわいない会話や雑談は苦にならない。妻のゴシップ好きやグチにも、けっこうつき合える。

Q3 ドライブ中に渋滞にはまったとしても「仕方ないね」と笑って過ごせる。

Q4 妻が体調をくずして寝込んでも、当面の食事や家事に不便を感じない。

Q5 オハヨウ、オヤスミなど、妻に対する日常の声かけは、特に意識しなくても気持ちよくできている。

Q6 とくに忙しくもなく、体調も普通なら、妻の頼みには二つ返事で、機嫌よく応じる。

Q7 妻のことはファーストネームで呼んでいる。

Q8 酒を飲んでも荒れたり乱れたりすることはない。休肝日も週に2日以上は確保している(または、酒は飲まない)。

Q9 家計や家庭生活のイニシアチブは、夫婦対等または妻に比重があったほうがよいと思う。

Q10 阿吽の呼吸で、何でも黙って察し合える夫婦は理想かもしれないが、なかなかそうはいかない。自分の思いや注文はちゃんと言葉で表現して妻に伝えるようにしている。

Q11 仕事に誠意を尽くすのと同様、家事雑事・家族関係の調整にも誠意を尽くすことを厭わない。

Q12 妻の手料理は、美味しければもちろん、マズマズの味だとしても必ず「美味しいね」と褒めている。

Q13 妻が友人たちと旅行などを楽しむのはよいことだと思う。喜んで送り出すことができる。

Q14 自分は妻に必要な配慮ができているし、妻もそれに応じてこちらに配慮してくれていると思う。

Q15 妻の存在に、しみじみ感謝したくなるときがある。

コメント5

「【シリーズ「定年」】土壇場の「夫学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長