• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

雲は天才である

『雲の発明 気象学を創ったアマチュア科学者』 リチャード・ハンブリン著 小田川佳子訳 扶桑社刊 定価1900円(税抜き)

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2007年9月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

『雲の発明 気象学を創ったアマチュア科学者』 リチャード・ハンブリン著

『雲の発明 気象学を創ったアマチュア科学者』 リチャード・ハンブリン著

 ちょっと不思議なことに思えるのだが、古代中国でも、古代ギリシャでも天空を観察する人たちはたくさん居たはずだ。彼らは星を見て精密な観測をした。太陽も、月も星々も観察の対象だった。でも、誰も彼もが雲を見逃していた。

 夕方の雲を見ることで、翌日の天気が予想できた。黒雲が険悪な厚みを見せるとき、まもなく豪雨と雷が来るぞ、と予測が出来る。これを観天望気といって、特に海で働く男たち、あるいは登山家などがいつも実践していることである。

 ところで、何が不思議かと言えば、そういった雲に固有の名前が付けられたのは19世紀初めのことだという。

 本書は雲を分類し、それぞれに固有の名前を付けた男の物語。化学の基本は物質の普遍的な分類と、呼び名付けである。そして、それは地球上のどこでも等しく同じ性質、形状を持たなくてはならない。驚くのは18世紀に至るまで、だれも雲というものを分類し、名前を付けようとしなかったこと。

 われわれは積乱雲、巻雲、筋雲、高層・低層雲など、空を見上げるだけで雲の呼び名がたちどころに分かる。

 18世紀の初頭、ルーク・ハワードという無名のアマチュア科学者が、ロンドンの科学講演会で、雲の発生の理論と、雲の分類、呼称についての発表を行った。今まで誰もが見過ごしてきた、雲というものに科学の目が向けられるようになった。新しく誕生した科学は気象学である。計測と観察を最大限に要求する科学の分野だった。

コメント0

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長