• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

目の前で「自己責任」と言ってみよ~『ルポ最底辺』
生田武志著(評:清田隆之)

ちくま新書、740円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2007年9月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間5時間00分

ルポ最底辺 不安定就労と野宿

ルポ最底辺 不安定就労と野宿』生田武志著、ちくま新書、740円(税別)

 本書の舞台である釜ヶ崎(あいりん地区)へは、何度か足を運んだことがある。梅田から約20分、大阪環状線・新今宮駅から歩いてすぐのところにある、「日本最大の寄せ場」と呼ばれる地区だ。

 駅前にある巨大な職安を中心にのびるその街には、道ばたでゴロ寝している“おっちゃん”、昼間から酔ってケンカする者、ゲイの中年カップル、全品80円の自動販売機、1泊1000円前後の「ドヤ」など、よこしまな好奇心を刺激する風景がそこかしこに展開されている。公園の脇では路上賭博が堂々と行われており、ヤクザのお兄さんに誘われて、「半か丁か?」と1時間ほど熱中した。当時大学生だった自分は、この普段の生活では決して味わうことのない体験にわくわくしっぱなしだった。

 そんな「物見遊山」の来訪者の目には、この街が「最底辺」の場所だとは映らなかった。清潔さや便利さという、現代の街に求められる要素はもちろんなかったが、自由気ままに生きる人々の姿は、都会でせかせか働く人々よりも生き生きして見えたからだ。

3年間で3割以上の最低賃金ダウン

 著者である生田武志氏もまた、釜ヶ崎にある種の「刺激」を求めた若者だった。大学2年生のとき、「自分自身と世界との生きた接点が見つけ出せないという現実喪失感に苦しんでいた」著者は、テレビの番組でこの街の存在を知ったという。そこから現在に至るまで20年以上、釜ヶ崎で働き、支援活動に従事し、文字通り地に足をつけてこの街に関わり続けている。

 快適なシティホテルに寝泊まりしながら見物したところで釜ヶ崎の実態は見えてこない。労働者の強烈な体臭が染みついた布団にくるまれ、路上死する野宿者を目の当たりにしながら筆者は釜ヶ崎を見つめ続けた。ここが「最底辺」たるゆえんは、こうすることで初めて見えてくる。

 釜ヶ崎は日雇い労働者の街だ。気ままに働けるといえば聞こえはいいが、企業にとっては単なる「使い捨ての労働力」。抱えているだけでお金がかかる正規雇用者よりもリスクは当然少ない。

 「日雇い」は具体的な労働量に対してのみ賃金が発生する就労形態のため、寄せ場の人々は「仕事の多いときはジャンジャンかき集められ、少ないときは放っておかれる」という使い方をされてしまう。事実、バブル期の90年と崩壊後の93年では、求人数で約半分、最低賃金も日給1万3500円から9000円に激減している。これは正規雇用者ではあり得ない落差だろう。そうやって景気を根底で調整する損な役回りゆえ、彼らは「景気の安全弁」ともいわれているのだ。

 そんな日雇い労働者の資本は体ひとつだ。1トンの鉄材の運搬、150度に熱せられたアスファルトの舗装工事、地上100メートルの足場での命綱なしの作業…それらをすべてわが身ひとつでこなさねばならない。しかも、健康を害せばたちまち収入はゼロになり、持ち金が尽きれば泊まるところすらない「野宿生活者」へと転落してしまう。

コメント9

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック