• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「PS3はゲーム機ではない」久多良木氏の真意が見えてきた

「東京ゲームショウ2007」で開かれた新たな戦場

2007年10月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 テレビゲームは、コンテンツである。

 ――と多くの人が認識しています。だからこそ、今年の東京ゲームショウは「CoFesta(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)」の一環として位置づけられ、アニメ・漫画・音楽・放送・映画などと並ぶコンテンツ産業の一員として認められました。

 しかし、そういった認識は、そろそろ古いものになりつつあるのかもしれません。今年の東京ゲームショウでは、ゲームソフトが新しい時代に突入しつつあることが、ついに見えてきました。

「GT5」はゲームだけではなく、メディアでもある

 分かりやすい例をあげましょう。東京ゲームショウで最大の注目ソフトのひとつである「GRAN TURISMO 5 “Prologue”(グランツーリスモ5プロローグ)」です。プレイステーション3(PS3)になってマシン描画能力・演算能力が上がったことにより、そのゲーム映像には圧倒的な説得力が備わりました。まぎれもなく優れたゲームであり、一級品のコンテンツです。

 (グランツーリスモの公式サイトはこちら

 しかしその一方、「グランツーリスモ5プロローグ」は、「さまざまなコンテンツが集まってくる場」としての色彩を、強く浴びています。

 あらゆるクルマの最新データが配信され、運転することができます。また、世界中のクルマ関連の映像(テレビ番組など)や、ディーラーで流れているプロモーション映像、コマーシャル映像などが、自由に受信できます。最新ニュースもテロップで表示されます。クルマに関する、あらゆるサービスが楽しめるようになっているのです。

 つまり「グランツーリスモ5プロローグ」は、それ自体がコンテンツであると同時に、さまざまな「クルマに関する楽しいこと」を提供するコンテンツが集まってくる、いわばメディアそのものになっていることが、お分かりになるでしょう。

ゲーム機はメディアを飲み込んでいく

 もうひとつ、PS3のオンライン空間「PLAYSTATION Home」で楽しめるソフト「dress」にも注目してください。これはファッション版の「グランツーリスモ」だと思えばいい。PS3の演算能力を生かして、衣服を完全に再現するソフトです。

コメント10

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「PS3はゲーム機ではない」久多良木氏の真意が見えてきた」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏