• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

缶ビール以外は見ないふり?~『冷蔵庫で食品を腐らす日本人』
魚柄仁之助著(評:栗原裕一郎)

朝日新書、740円(税別)

  • 栗原 裕一郎

バックナンバー

2007年10月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

冷蔵庫で食品を腐らす日本人 日本の食文化激変の50年史

冷蔵庫で食品を腐らす日本人 日本の食文化激変の50年史』魚柄仁之助著、朝日新書、740円(税別)

 『日経ビジネスオンライン』の読者諸兄は料理などするだろーか?

 と著者の口調をまねて書いてみましたが、そんなの、人それぞれに決まってますわな。

 メシなんぞつくってる時間もないし食えれば何でもいい、という向きのために解説すると、本書の著者・魚柄仁之助は、「食」に関心を持つ、主に自炊派の人々の一部からカリスマのごとく崇められる食文化研究家である。

 ようするにすごい人物であるわけだが、何がすごいって、まずルックスがすごい。

 隻眼の痩身に、伸びるにまかせたロン毛の、仙人というか落ち武者というか難民というかルンペ……、あ、いやいや、ともかく、現代ニッポンにおいては規格外れのたたずまいであり、容赦のない異彩を放っている。

 風体に劣らず(というかこちらが本筋なんですが)、食にかんする“思想”もユニークである。

 代表作のひとつに『ひと月9000円の快適食生活』(飛鳥新社、97年)という本がある。そこいらにある食材を使い、できるかぎりの手抜きをして、安くてうまくて見栄えもよくて、かつ健康的である料理をつくるノウハウがこれでもかと詰まった本だ。

 このタイトルがよく表わしているとおり、「いかに余計なカネや手間をかけずムダを出さずに、充実した食生活を実現するか」が、うおつか流のキモであり、あえて言葉にするなら「合理性」の一言に集約される。ただ、その追究が極度に過激なせいで、ヘンな人に見えてしまうわけですね。

巨大化する冷蔵庫に消えていく「食文化」

 人間っつーのはずぼらで怠惰な生物ですから、合理性を追究するには、ときに発想の転換が必要とされる。その転換のダイナミックさこそが、うおつか氏の真骨頂だ。

 本書は、うおつか氏の思想面を集大成した一冊である。これまでの氏の著作はレシピや技の紹介に徹したものが多く、合間合間に小出しに挟まってはいたとはいえ、“思想”の全体はなかなか見えにくかった。

 タイトルは主題を的確に象徴している。副題に「日本の食文化激変の50年史」とあるとおり、戦後、生活が豊かになるとともに大型化の一途をたどった冷蔵庫という家電に、われわれニッポン人の食文化の問題は集約されているだろう。

 高度成長期が終わって久しい現在も、冷蔵庫の巨大化は進行しつづけている。だが、その中身はというと、腐りかけの肉や魚や牛乳、しなびた野菜、いつ(何年前に)冷凍したかはおろか、いったい何が冷凍されているのかも判然としないナゾの物体、籠城でもしようかというほどの量の冷凍食品群……などで埋め尽くされているだけではないか? それが豊かな食生活だって? と著者は挑発的に問いかける(お宅の冷蔵庫はいかがでしょーか?)。

〈本来、衛生的かつ安全に食べられるように保存するための道具である冷凍冷蔵庫のはずなのだが、まさにブラックボックス化し、買いこんで傷みかかった食材をひっぱり出して、「早く食べちゃわなきゃ」と追われるようにして食べておりゃせんだろうか? これは本末転倒食生活。(中略)食糧難の時代でもあるまいし、まさにあさましいとしか言いようのない姿が、今日の日本にはあるのです。〉

 その「あさましさ」の要因して、まず指摘されるのは、当然「合理性」の欠如である。

コメント5件コメント/レビュー

評者の溢れんばかりのうおつか愛を感じ、大変おもしろく読ませていただきました。こんなすごい人がいたんですね。そこいらの「料理研究家」とは一線を画していそうなうおつか氏の著作、ぜひとも読んでみたくなりました。(2007/10/22)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

評者の溢れんばかりのうおつか愛を感じ、大変おもしろく読ませていただきました。こんなすごい人がいたんですね。そこいらの「料理研究家」とは一線を画していそうなうおつか氏の著作、ぜひとも読んでみたくなりました。(2007/10/22)

本そのものよりも,書評が面白くて,参考になりました。(2007/10/20)

日本の食料自給率は40%、食料の破棄率は25%と云われている。単純に言い換えれば、自給率の10%、輸入食料の15%を破棄していることになる。これにはコンビニ、スーパの期限切れ物、家庭の食い残し破棄、冷蔵庫に入れっぱなしで食えなくなって破棄した物が含まれている。それだけではない。ペットの餌になった食料、食料の輸送で消費された石油、冷蔵庫などで消費された電力、梱包費用が考慮対象に入っていない。更に自給率低下の1因である草ぼうぼうにして放置された休耕田などの存在も浮かび上がる。この現状を見ると、日本は何かが狂っており、いずれ「バチ」が当たるのではないかと思う。(2007/10/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長