• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スケジュールの不安をどう取り除く?

リフォーム4大トラブル(2)工期の遅れ

  • 日経ホームビルダー

バックナンバー

2007年11月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リフォーム4大トラブル対策の第2回は「工期の遅れ」についてお伝えする。これは4大トラブルの中でも最も発生頻度が高い。日経ホームビルダーが行ったアンケートでも、過去1年以内にリフォーム工事を実施した回答者493人中、105人が工期遅れのトラブルを経験している。

 中には「大規模リフォームとはいえ工程が3カ月も延びた」「工期が延びたおかげで自宅を留守にすることができず、旅行などの予定が狂ってしまった」など、深刻な体験談もある。完成予定日が過ぎたカレンダーをイライラしながら眺めるのは、精神衛生上もよろしくない。

【実態編】 プロの方が工期に甘い

 そもそも工期に対するとらえ方は、リフォームを発注した側(ユーザー)よりもプロの方が甘い傾向にある。それを示すのが下のグラフだ。

プロの側の都合で工期が延びた場合の許容期間は?

施工者の都合で工期が遅れても許せる日数をユーザーに聞いたところ、「1日の遅れも許さない」が9.7%、「1~3日」が33.9%だった。プロの回答は「4~7日」が最も多く39.0%

 リフォーム会社の都合で工期が延びる場合の許容範囲を、ユーザーとプロの両方に聞いた。ユーザーは「1~3日」が最も多かったのに対して、プロは「4~7日」が最も多く39.0%を占めた。ユーザーの中には「1日の遅れも許さない」と答えた人も9.7%いた。

 実際にリフォーム工事が延びた人への「不満感」の調査からも、「1~3日」が1つの目安であることが明らかになった。遅延日数が「4~7日」になると、不満を訴える人の割合は倍増する。もちろん、不満感の有無は遅延理由とも関係する。自分の都合による遅延には寛容だが、施工者の都合には厳しく、値引きを求める声が複数上がった。

 具体的にはどんなケースがあったのか? アンケートで浮かび上がったリフォーム経験者の「許せるトラブル」「許せないトラブル」の体験談と、トラブルに直面した際の生の声を紹介していこう。

「「リフォーム成功の鉄則」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長