• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

愛あればこそ、隣国とは仲良くできません~『新しい神の国』
古田博司著(評:麻野一哉)

ちくま新書、700円(税別)

  • 麻野 一哉

バックナンバー

2007年11月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間4時間00分

新しい神の国

新しい神の国』古田博司著、ちくま新書、700円(税別)

 書名を見て、「新しい神」の国の話なのか、それとも、新しい「神の国」の話なのか、どっちなのかが、まずは気になった。読み終えた今、おそらく後者だろうとは思いつつ、いまだハッキリしない。しかし、この本の主旨そのものは非常にシンプルで、それは、「日本は中国や朝鮮とはまったく違う国だ。もちろん欧米とも違う」ということに尽きる。

 かつて福沢諭吉が「脱亜入欧」を唱えたが、そもそも日本はアジアといっても、中国や朝鮮とはまったく別のアジア(著者は、「別亜(Another Asia)」という表現をしている)であり、改めて脱する必要もなかったのだと。

 そして、今現在の日本は、すでに福沢諭吉が「入欧」という言葉にこめたであろう、近代化や科学文明化はすでに成し得ており、これ以上、「全体の利益という仮面の下に自己中心的な国益を隠す技術の達人」であるアングロ・サクソンの真似をする必要はない。そもそも一神教の人々とは、肌合いが違うという。

〈われわれは媚びることなく、和の世界で内側をがっしりと固め、外にそれを理解してもらうことなぞ求めず、中華文明圏やアングロ・サクソン文明圏の人々を永遠の他者としつつ、彼らの行動規範、思考様式を一つずつの構造として把握し、その構造に則って彼らと外交や交流のできる一群の専門家を分業体制として内蔵すればこと足りることである〉

 つまり、日本は日本のままでいい。国際化時代なので、外国とのつきあいはやむを得ないが、みんながみんな外国人と腹を割って仲良くしていくと考えるのは、実現不可能な夢物語だと、主張している。

「茶」化は我々の大事な能力です

 著者の専門は東アジア文化である。歴史や文物に詳しい専門家が、自身の6年におよぶ韓国生活や体験を踏まえて、具体的に彼我の違いを明らかにしていく。

 理詰めの本ではない。自由闊達な筆は、どちらかというとエッセーを思わせる。中世朝鮮の墓暴き乱闘事件を通じて、中国や朝鮮にあって日本にない「宗族」という概念をわかりやすく説いてくれるし、興味深いエピソードも満載で退屈しない。

 たとえば、韓国人は表向きは儒教の先達として中国を尊敬していることになっている。しかし、ホンネはどうか? こんな韓国の小話(現代のもの)が紹介されている。

 韓国人と日本人と中国人が豚小屋に入った。1分もたたず、日本人が飛び出してくる。「臭くてかなわん」。続いて数分後に韓国人も飛び出してくる。相当まいったようだ。しかし、中国人はなかなか出てこない。30分過ぎて、なんとブタが飛び出して来てこういう。「あんな不潔なやつとは、一緒におれない」。

 こんな話もある。韓国のメディアでは、天皇という呼称を嫌がり、「日王」と呼ぶ。天皇は、国王や王より格上だから許せないのだ。しかし、宮中晩餐会などで、天皇に会えた韓国人は実に喜ぶらしい。ナショナルな韓国民としてはけしからん存在なのだが、一族の名誉としては、死ぬまで親戚に自慢できるほどのものらしい。

 このへんは、まあ、我々日本人が、たとえばダイアナ妃などに会えたら、それを自慢するようなものなのかもしれない。ただし、国民としては否定すべしという風に引き裂かれているのだろう。

 また、天皇はずっと途切れなくその地位を守っているが、中国では革命が起きて、天子の系譜がとぎれとぎれになっている。そんな天皇を、千年前の宋の時代の中国皇帝が、うらやましがった記録があるという話もある。

 著者は茶化すことを「ティーゼーション」と呼び、日本人の持つ大切な特質とする。江戸の戯作者たちは、立派なティーゼーターであったが、明治の開国以降、それが隠れてしまい、やっと1980年代になって、糸井重里をはじめとするサブ・カルチャーの分野で復活した。ネット右翼といわれがちな2ちゃんねらーも、右翼というよりは、ウソばかりいっている左翼を茶化すことに長けたティーゼーターたちで、むしろ、左翼がダメすぎると叱咤する。

コメント5

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)