• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ロストジェネレーション」とか言うな!~『勝手に絶望する若者たち』
荒井千暁著(評:清田隆之)

幻冬舎新書、720円(税別)

  • 清田 隆之

バックナンバー

2007年11月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

勝手に絶望する若者たち

勝手に絶望する若者たち』荒井千暁著、幻冬舎新書、720円(税別)

 1980年生まれの僕は、いわゆる「ロストジェネレーション」の最後尾にあたる。まだ見ぬ「やりたいこと」を求め、現実を直視せずに「自分探し」ばかりしている世代――こんな風に揶揄されることもしばしばだが、多かれ少なかれ、自分にもそういったメンタリティが染みついていることは否定できない。

 そのせいか、このテの“若者論”的な本を目にすると、つい手が伸びてしまう。他者に自分を規定してもらいたいのかもしれない。しかし、巷にあふれる若者本から読みとれる我々の姿は、“搾取され、退化し、就職迷子で、他人を見下し、会社を3年で辞める”若者ということになる。そこにきて本書である。そりゃ、絶望もしたくなるわ……。

 著者である荒井千暁氏の本業は「産業医」。一部の大企業社員など以外には接点のない職業人だが、要するに「職場で健康管理に当たる医師」で、健康障害の監視、職場環境の改善、職員のメンタルケアなどが具体的な業務内容だ。悩みを抱えた職員の声に耳を傾け、問題点を探り、解決策をともに考える――そんな頼れる“保健室の先生”のような立場にある著者の目には、我々が「勝手に絶望」していると映ったのだ。

 全体を通して考察されるのは「なぜ若者はすぐに仕事を辞めるのか?」というテーマだ。著者は、若者たちの離職理由をこんな風にまとめている。

〈仕事を教えてくれなかった〉
〈意見を聞いてもらえなかった〉
〈したいことをやらせてもらえなかった〉
〈即戦力になれなかった〉
〈職場の雰囲気が悪かった〉

 これだけ読むとまさに「甘ったれた若者」だ。「おじさま」方のしかめっ面が目に浮かぶ。「最近の若いモンは……」なんてお決まりのセリフも聞こえてくる。しかし、現場経験豊富な保健室の先生は、職場にもその原因はある、と見る。

 そのひとつとして、「OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」の問題点が指摘されている。実務を進めながら現場で新人に仕事を教えていく人材育成方法は、これまでの日本の組織では王道だった。しかし、成果主義の導入、業務内容の多様化などによって、その本来の効力を失いつつあるという。

上司世代との感覚のズレ、筆者にもないか?

 多くの場合、単なる人件費削減の方便として導入された成果主義は、職場から「ゆとり」を奪った。常に短期的な目標に追われ、それが達成できない場合は容赦なくマイナス評価を下される。そしてすべては「自己責任」に帰着する。そんな職場にあって、時間も手間もかかる人材育成は、当然ながらおろそかになってゆく。

 また、業務内容の多様化も切実な問題だ。「個人情報保護」や「コンプライアンス」といった新しい概念により、チェックすべき項目が飛躍的に増え、仕事量も倍増した。また、IT産業などの職場にいたっては、教える立場にある上司も業務に熟達しておらず、自分のことで精一杯になり、新人の育成にまで手がまわらないという。

 これでは、若者が上記のような離職理由をこぼすのも無理はないように思われる。しかし、現場の上司からは、「全然質問をしてこない」「反応がない」「モチベーションが低い」など、正反対の意見が上がってくるという。こうして両者の溝が埋まらないまま、離職という最悪の結果に至ってしまうのだ。

 こうした外的要因に関しては、現役の産業医だけあって語り口にも説得力がある。しかしその反面、内的要因、すなわち若者のメンタル面に焦点を当てた記述に関しては、「おじさま」臭を感じてしまう。

コメント11

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士